性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習慣も原因。
リスクファクターが低いのに高い原因は性格。
タイプA 心筋梗塞になりやすい
タイプB 心筋梗塞になりにくい

心筋梗塞になりやすいタイプAの性格かチェック

  • 毎日忙しい生活である
  • 常に時間に追われている
  • 何事も負けたくなく競争してしまう
  • ちょっとしたことで怒りやすい
  • 仕事や行動に自信がある
  • 何事にも熱中しやすい
  • 何事もきちんと片付けないと気がすまない
  • 緊張したりイライラしやすい
  • 早口でしゃべる
  • 行列に並ぶのが嫌い

6個以上でかなりタイプAの性格。
5個セーフでというわけではない、数が多ければ多いほどタイプAの性格。
タイプAの心筋梗塞のかかりやすさ7倍ぐらい。
ストレスを感じやすいと血管を攻撃する血管攻撃因子。
血管を負担をかけ心筋梗塞になりやすい。

家系、遺伝の家族性抗コレステロール。
心臓病にかかる可能性10倍以上。
男性30才~ 女性50才~
家族が若くして心筋梗塞になった場合は病院で調べては?

関連記事

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑