性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習慣も原因。
リスクファクターが低いのに高い原因は性格。
タイプA 心筋梗塞になりやすい
タイプB 心筋梗塞になりにくい

心筋梗塞になりやすいタイプAの性格かチェック

  • 毎日忙しい生活である
  • 常に時間に追われている
  • 何事も負けたくなく競争してしまう
  • ちょっとしたことで怒りやすい
  • 仕事や行動に自信がある
  • 何事にも熱中しやすい
  • 何事もきちんと片付けないと気がすまない
  • 緊張したりイライラしやすい
  • 早口でしゃべる
  • 行列に並ぶのが嫌い

6個以上でかなりタイプAの性格。
5個セーフでというわけではない、数が多ければ多いほどタイプAの性格。
タイプAの心筋梗塞のかかりやすさ7倍ぐらい。
ストレスを感じやすいと血管を攻撃する血管攻撃因子。
血管を負担をかけ心筋梗塞になりやすい。

家系、遺伝の家族性抗コレステロール。
心臓病にかかる可能性10倍以上。
男性30才~ 女性50才~
家族が若くして心筋梗塞になった場合は病院で調べては?

関連記事

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

→もっと見る

PAGE TOP ↑