性格が心筋梗塞に大きな影響を及ぼす

高脂血症、高血圧、肥満、喫煙などの生活習慣も原因。
リスクファクターが低いのに高い原因は性格。
タイプA 心筋梗塞になりやすい
タイプB 心筋梗塞になりにくい

心筋梗塞になりやすいタイプAの性格かチェック

  • 毎日忙しい生活である
  • 常に時間に追われている
  • 何事も負けたくなく競争してしまう
  • ちょっとしたことで怒りやすい
  • 仕事や行動に自信がある
  • 何事にも熱中しやすい
  • 何事もきちんと片付けないと気がすまない
  • 緊張したりイライラしやすい
  • 早口でしゃべる
  • 行列に並ぶのが嫌い

6個以上でかなりタイプAの性格。
5個セーフでというわけではない、数が多ければ多いほどタイプAの性格。
タイプAの心筋梗塞のかかりやすさ7倍ぐらい。
ストレスを感じやすいと血管を攻撃する血管攻撃因子。
血管を負担をかけ心筋梗塞になりやすい。

家系、遺伝の家族性抗コレステロール。
心臓病にかかる可能性10倍以上。
男性30才~ 女性50才~
家族が若くして心筋梗塞になった場合は病院で調べては?

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑