歯ぎしりは逆流性食道炎、胃潰瘍の対策になる

公開日: : NHK番組、特集、ニュース

ためしてガッテンでよい歯ぎしりを見ました。
今回は簡単な記載です。
歯ぎしりは直せないので治療法は無い。
マウスピースで悪い歯ぎしりをよい歯ぎしりに変える。
歯科で相談。

よい歯ぎしりは唾を飲み込む

よい歯ぎしりは、逆流した胃酸の対策になる。
胃から逆流した酸が食道まで来ると、逆流性食道炎になってしまう。

普段中性なのが 酸が上がってきて酸性になる。
歯ぎしりで反射的に唾を飲み込み、中和されるとの事
だから、すべての歯ぎしりが体に悪いわけではない。

歯ぎしりの悪いところは、歯が磨り減る、内臓に悪いところらしい。

関連記事

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑