歯ぎしりは逆流性食道炎、胃潰瘍の対策になる

公開日: : NHK番組、特集、ニュース

ためしてガッテンでよい歯ぎしりを見ました。
今回は簡単な記載です。
歯ぎしりは直せないので治療法は無い。
マウスピースで悪い歯ぎしりをよい歯ぎしりに変える。
歯科で相談。

よい歯ぎしりは唾を飲み込む

よい歯ぎしりは、逆流した胃酸の対策になる。
胃から逆流した酸が食道まで来ると、逆流性食道炎になってしまう。

普段中性なのが 酸が上がってきて酸性になる。
歯ぎしりで反射的に唾を飲み込み、中和されるとの事
だから、すべての歯ぎしりが体に悪いわけではない。

歯ぎしりの悪いところは、歯が磨り減る、内臓に悪いところらしい。

関連記事

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑