不妊は卵子が老化するから、不妊治療の理由

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 NHK番組、特集、ニュース

NHKスペシャルで不妊、産みたいのに産めない、卵子の老化の衝撃を見ました。
今不妊に悩む人達が増えている。 夫婦は6組に1組が不妊に悩む。体外受精は年間21万件。 日本は世界最多です。
30代で卵子が老化することを知りませんでした。 最新の医療を用いても妊娠できないケースが多数、新たな事態にクリニックも悩む。 何年か前だったら自然に赤ちゃんが生まれていたかもしれない。

不妊治療の理由

女性社会進出、妊娠出産を考慮できなかった。

キャリアが落ち着いてから子供を検討したが41歳妊娠できないことになった。  厳しい社会が原因。

仕事か治療かの選択を迫られる社会。

夫の無関心が女性を苦しめる41歳。

不妊治療は体力的、精神的、金銭面でも負担が大きく、パートナーの理解が不可欠。


「2人」で知っておきたい 妊娠・出産・不妊のリアル

先進国共通の課題

日本では対策が遅れ、日本は不妊について話すことを避けてきた。 鳥取県米子市のミオ・ファティリティ・クリニック、院長見尾保幸。 子供がほしくでもできない連日100人以上おとずれる。
35歳を超えて来院する患者が7割

卵子は30歳を超えると急激に劣化。

20代の受精卵は活発に細胞分裂を繰り返し胎児へと成長。 40歳女性は4日で受精卵3つのうち2つの成長が止まる。 この行程の違いに、染色体劣化の現象もあるのではと素人的に思います。
出生前検査でダウン症や流産の危険性を調べる検査について考える

体外受精の成功率は 35歳で16.8% 40歳で8.1% 45歳で0.5%

卵巣は女性が生まれたときから体の中にあり、卵子は新しく作られません。女性が年齢を重ねるほど、数が減少し、質が低下していく。 これを多くの女性が診察室ではじめて知る。

不妊治療患者の平均年齢は35歳以上が77パーセント、53%が45歳まで妊娠できると勘違いしている事実。 (一般では35歳ぐらいまでという悲しい事実)

ちなみに体外受精の費用はすべてばらばらで、yahoo知恵袋に合ったものは、 人工授精→1万円~1万五千円、体外受精→30万円~35万円です。

ああ不妊治療 ~8年・1000万費やしたアラフォー漫画家の体当たりコミックエッセイ~

日本人は人口が減り続けている

youtubeのコメントにも書いてありますが、それは今の日本人の人口が減り続けている。

  • 妊娠出産は35歳までが常識なのに、芸能人の高齢出産のせいで、一般人が高齢出産できると勘違いしている。
  • 卵子の老化は不妊の原因のすべてでないが、きちんと学校で教えていくことは大切。
  • 卵子の老化は常識で知らなかったのは自分の責任だろうと。
  • 女性の精神的な成長過程で、子供を欲しいと思わない、結婚をしたいと思わない女性も増えている。
  • 男性化してしまっている女性は妊娠に興味が無い。

不妊治療の現実、どんなことを高額の費用をかけてしなければならないか。
参考:http://www.unlimit517.co.jp/ana53.htm

関連記事

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑