アルツハイマー型認知症治療薬の種類

公開日: : 最終更新日:2014/07/12 脳神経外科、神経内科

認知症診断の中でも最も比率の高いアルツハイマー型認知症患者に対する治療薬は現在4種類あり、患者の体質や生活環境にあわせ選択できる。

アリセプト=コリンエステラーゼ阻害薬

アルツハイマーを発症すると、脳の神経伝達物質のアセチルコリンが減少する。
アリセプトはアセチルコリン分解酵素(コリンエステラーゼ)を阻害し、アセチルコリンの減少を食い止めるメカニズム(作用機序)。
これによって注意力の低下や意欲が改善され、生活機能が上がる。
そうすると周囲とのコミュニケーションも改善され、副次的には患者が抱いていた不安も解消され落ち着いてくる。

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

メマリー=NMDA受容体阻害薬

別の作用機序の薬も同年登場した。
アルツハイマー病が進行すると、脳の神経伝達物質であるグルタミン酸が過剰となり、脳神経のNMDA受容体も過剰に活性化する。
記憶の定着を邪魔したり、脳神経そのものを傷つけたりしてしまうが、このNMDA受容体を阻害し、認知機能を改善するのがメマリー(一般名、メマンチン塩酸塩)。
コリンエステラーゼ阻害薬と併用でき、焦燥感やイライラした状態、攻撃性も抑えられるという。

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

製品名:アリセプト

一般名:ドネペジル塩酸塩
剤形:錠剤、細粒、ゼリー、ドライシロップ、OD錠
適応症状:軽度~高度
国内販売:平成11年11月
作用機序:コリンエステラーゼ阻害薬

製品名:レミニール

一般名:ガランタミン臭化水素酸塩
剤形:錠剤、OD錠、液剤
適応症状:軽度~中程度
国内販売:平成23年3月
作用機序:コリンエステラーゼ阻害薬

製品名:イクセロン、リバスタッチ

一般名:リバスチグミン
剤形:貼り付け剤
適応症状:軽度~中程度
国内販売:平成23年7月
作用機序:コリンエステラーゼ阻害薬

製品名:メマリー

一般名:メマンチン塩酸塩
剤形:錠剤、OD錠
適応症状:中程度~高度
国内販売:平成23年6月
作用機序:NMDA受容体阻害薬

食事で改善ならこちらの記事も参考にしてくださいね。
アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑