片頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

公開日: : 最終更新日:2014/10/23 脳神経外科、神経内科

32歳女性、こめかみ痛い、吐き気を伴う頭痛。
頭を動かすとガンガン、一晩寝ているとましになる。
目の前に光るギザギザ、その後頭痛が酷くなる。
片頭痛は、脳の血管が広がることで起こるとされている。
※重大な病気が怖い方は頭痛が原因の病気と見分け方も参考に。

原因

脳の血管の拡張(疲労、寝不足、強い刺激など)

痛み

左右どちらか、または両方
拍動性(ずきずき、がんがん)
強い痛みで寝込んだり、吐き気下痢を伴うことも。

片頭痛の治療

片頭痛発作が起きた時

西洋薬 トリプタン製剤

予防治療

西洋薬 漢方薬
鎮痛薬の乱用を防ぐために予防治療を使ったほうがいい。

どんなときに漢方薬?

頭痛発作を起きた時、西洋薬トリプタン製剤
予防に西洋薬アミトリプチリン(三環系抗うつ薬)
だが、予防薬で眠気が出たため、漢方薬に変更。
呉茱萸湯(ごしゅゆとう)を飲んで3ヵ月後、片頭痛は消失。

片頭痛の予防薬の副作用

西洋薬

バルプロ酸ナトリウム:副作用 眠気、ふらつき、吐き気
アミトリプチリン:副作用 眠気、ふらつき、便秘
ロメリジン:副作用 ふらつき
プロプラノロール:副作用 血圧低下

東洋薬

漢方薬 副作用はほとんどない。
西洋薬に比べると大きな副作用はない、希望があれば最初から漢方薬も可能。
調剤薬局で漢方外来の病院を相談するのもいい。

片頭痛に効く漢方薬

呉茱萸湯 ごしゅゆとう 虚弱体質 手足の冷え 吐き気
当帰芍薬散 とうきしゃくやくさん 虚弱体質 冷え 貧血
五苓散 ごれいさん 体力関係なし、口の渇き、吐き気、むくみ(痩せるなどの効果も)

漢方薬なら安い薬なので経済的負担も軽減されます。

関連記事

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

no image

脳卒中の症状、救急車、早期発見、血栓を溶かす治療

脳梗塞の症状をご紹介します。 手が変だ

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

認知症予防に算数、引き算しながら運動する

認知症の患者数 2002年 150万人

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑