アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 脳神経外科、神経内科

アルツハイマーの進行段階

1.記憶障害が起こる
2.幻覚妄想
3.会話日常生活が困難
4.寝たきりになる

初期は自覚症状がある

心配されて患者が来る 有る程度進むと自分も病気であることを失う。
本人は葛藤する。
本人自分の病気で悩むことはなくなる。葛藤からは開放されるが、次は家族が悩みます。

若年性アルツハイマーの原因の一つは遺伝

65歳未満で発症するのが若年性。遺伝性が3%。
若年性アルツハイマー50歳ぐらいで症状が出るまでの期間が短く、進行が早い。
男性6:女性4の割合で起こる。

誉めることが予防になる

アルツハイマー病の疑いの人には些細なことで褒めてあげる。
進行を遅らせる効果。
褒めるのが予防になる。
褒めると神経伝達物質でドーパミン(快感)やエンドルフィン(幸せ)により脳の神経細胞が増える。

ストレス物質は認知症を加速させる。
ときめくことで脳が活性化する物質が沢山出る。
ときめく相手が人である必要はない。自然、花、バラを愛するだとか。
高齢になると、愛などを人間以内に昇華できるようになる。

関連記事

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑