アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 脳神経外科、神経内科

アルツハイマーの進行段階

1.記憶障害が起こる
2.幻覚妄想
3.会話日常生活が困難
4.寝たきりになる

初期は自覚症状がある

心配されて患者が来る 有る程度進むと自分も病気であることを失う。
本人は葛藤する。
本人自分の病気で悩むことはなくなる。葛藤からは開放されるが、次は家族が悩みます。

若年性アルツハイマーの原因の一つは遺伝

65歳未満で発症するのが若年性。遺伝性が3%。
若年性アルツハイマー50歳ぐらいで症状が出るまでの期間が短く、進行が早い。
男性6:女性4の割合で起こる。

誉めることが予防になる

アルツハイマー病の疑いの人には些細なことで褒めてあげる。
進行を遅らせる効果。
褒めるのが予防になる。
褒めると神経伝達物質でドーパミン(快感)やエンドルフィン(幸せ)により脳の神経細胞が増える。

ストレス物質は認知症を加速させる。
ときめくことで脳が活性化する物質が沢山出る。
ときめく相手が人である必要はない。自然、花、バラを愛するだとか。
高齢になると、愛などを人間以内に昇華できるようになる。

関連記事

no image

2時間で脳にステント。脳動脈瘤の新しい手術

脳動脈瘤は無症状なのが特徴。大きいと破裂

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image

寝たきり脳梗塞=心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病

脳梗塞の最善の対処法。 心臓にも原因あ

記事を読む

no image

食べすぎインスリンがアルツハイマー型認知症を進行させる

アルツハイマー型は、神経細胞が破壊され脳

記事を読む

no image

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケー

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

認知症診断の中でも最も比率の高いアルツハ

記事を読む

no image

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

脳卒中と急性期、回復、維持の期間と廃用症候群

脳卒中のリハビリとポイントをテレビで見た

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑