アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 脳神経外科、神経内科

アルツハイマーの進行段階

1.記憶障害が起こる
2.幻覚妄想
3.会話日常生活が困難
4.寝たきりになる

初期は自覚症状がある

心配されて患者が来る 有る程度進むと自分も病気であることを失う。
本人は葛藤する。
本人自分の病気で悩むことはなくなる。葛藤からは開放されるが、次は家族が悩みます。

若年性アルツハイマーの原因の一つは遺伝

65歳未満で発症するのが若年性。遺伝性が3%。
若年性アルツハイマー50歳ぐらいで症状が出るまでの期間が短く、進行が早い。
男性6:女性4の割合で起こる。

誉めることが予防になる

アルツハイマー病の疑いの人には些細なことで褒めてあげる。
進行を遅らせる効果。
褒めるのが予防になる。
褒めると神経伝達物質でドーパミン(快感)やエンドルフィン(幸せ)により脳の神経細胞が増える。

ストレス物質は認知症を加速させる。
ときめくことで脳が活性化する物質が沢山出る。
ときめく相手が人である必要はない。自然、花、バラを愛するだとか。
高齢になると、愛などを人間以内に昇華できるようになる。

関連記事

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

高齢者でも安心の超音波収束装置

なにもしていないのに手が震える?動かすと震える?

寒さ、緊張、恐怖、感動…なぜ震えるのか?

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツ

記事を読む

no image

初期の認知症は料理の味が変わる?趣味を辞めてしまう

認知症チェック なつかしの料理をリ

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑