アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

公開日: : 最終更新日:2014/05/23 脳神経外科、神経内科

アルツハイマーの進行段階

1.記憶障害が起こる
2.幻覚妄想
3.会話日常生活が困難
4.寝たきりになる

初期は自覚症状がある

心配されて患者が来る 有る程度進むと自分も病気であることを失う。
本人は葛藤する。
本人自分の病気で悩むことはなくなる。葛藤からは開放されるが、次は家族が悩みます。

若年性アルツハイマーの原因の一つは遺伝

65歳未満で発症するのが若年性。遺伝性が3%。
若年性アルツハイマー50歳ぐらいで症状が出るまでの期間が短く、進行が早い。
男性6:女性4の割合で起こる。

誉めることが予防になる

アルツハイマー病の疑いの人には些細なことで褒めてあげる。
進行を遅らせる効果。
褒めるのが予防になる。
褒めると神経伝達物質でドーパミン(快感)やエンドルフィン(幸せ)により脳の神経細胞が増える。

ストレス物質は認知症を加速させる。
ときめくことで脳が活性化する物質が沢山出る。
ときめく相手が人である必要はない。自然、花、バラを愛するだとか。
高齢になると、愛などを人間以内に昇華できるようになる。

関連記事

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑