局所性ジストニアが受けられる病院リスト

公開日: : 最終更新日:2014/06/04 脳神経外科、神経内科

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神経疾患ジストニア。
局所性ジストニアは音楽家やスポーツ選手に多く発症する。
コブクロの小渕健太郎さんなど多くの音楽家を苦しめてきた。
命に関わる病気ではないが、QOL生活の質に関わる病気。

国立精神神経医療研究センター神経内科の坂本先生。
ジストニアは筋肉が勝手に緊張した結果起こる異常な姿勢や運動のこと。

全身性タイプと局所性タイプがあり、国内の患者数は2万人と推計されている。
発症のメカニズムは完全にわかっていないが、脳の運動を命じる回路が異常を起こし、発症するとされる。
音楽家やスポーツ選手は同じ動作を繰り返すことがきっかけで発症するという。
ピアニストの場合、演奏中に指を意思に反して巻き込んでしまうという症状が出る。

局所性ジストニアの中には、痙性斜頸、眼瞼痙攣、片側顔面痙攣などもあります。

治療法

早目の治療だと治療成績もいい。
9割まで症状が改善する人もいる。
治療によってうまく症状をコントロールすることは可能。

服薬

薬の場合、抗てんかん薬やパーキンソン病薬が処方される。
ただ、副作用が強く出ることがあり、眠気や集中力の低下の症状がみられることもある。

ボツリヌス注射

注射は緊張状態の筋肉にボツリヌス菌の産生する神経毒素を打つことで神経を麻痺させ、異常な運動を抑制する。

外科手術

東京女子医大脳神経外科の平孝巨教授はジストニアの手術治療の経験が多く、
局所性ジストニアの手の症状の手術だけでも年間30例程度行っている。
手術は筋肉へ指示をだす脳の中の神経回路の一部を電気で焼き固め、異常な指示が届かないようにする。
手術で9割が症状がよくなった。

局所性ジストニアが対応できる病院の住所、電話番号

北海道

中村記念病院 北海道札幌市中央区南1条西14丁目 011-231-8555
北海道医療センター 北海道札幌市西区山の手57-1-1 011-611-8111

関東

国立精神・神経医療研究センター病院 東京都小平市小川東町4-1-1 042-341-2711
川崎市立多摩病院 神奈川県川崎市多摩区宿河原1-30-37 044-933-8111
関東労災病院 神奈川県川崎市中原区木月住吉町1-1 044-411-3131
順天堂大学医学部附属順天堂医院 東京都文京区本郷3-1-3 03-3813-3111
聖マリアンナ医科大学病院 神奈川県川崎市宮前区菅生2-16-1 044-977-8111
帝京大学ちば総合医療センター 0436-62-1211
東京医科大学病院 03-3342-6111
東京女子医科大学病院 03-3353-8111
東京女子医科大学附属青山病院 03-5411-8111
東京都立神経病院 東京都府中市武蔵台2丁目6-1 042-323-5110
東邦大学医療センター大橋病院 東京都目黒区大橋2-17-6 03-3468-1251

信越、東海

信州大学医学部附属病院 長野県松本市旭3-1-1 0263-35-4600
榊原白鳳病院 三重県津市榊原町5630 059-252-2300

関西

医仁会武田総合病院 京都市伏見区石田森南町28-1 075-572-6331
神鋼病院 神戸市中央区脇浜町1-4-47 078-261-6711
関西医療大学附属診療所 大阪府泉南郡熊取町若葉2-11-1 072-453-8255
京都医療センター 京都府京都市伏見区深草向畑町1-1 075-641-9161

四国、九州

徳島大学病院 徳島県徳島市 蔵本町2-50-1 088-631-3111
貝塚病院 福岡市東区箱崎7-7-27 092-632-3333
産業医科大学病院 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1 093-603-1611

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑