認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

公開日: : 最終更新日:2014/06/07 脳神経外科、神経内科

●ガスの元栓の締めたか忘れる
●昨日の夕食が思い出せない
●買い物で同じものを買ってしまう

老化による物忘れは上記の2つ。
目的自体を忘れる認知症の初期症状は買い物で同じものを忘れることです。
アルツハイマー物忘れの特徴
7人に1人が認知症にかかっている。軽度認知障害の予防法をまとめました。

軽度の認知症は改善できる

様々な原因で脳細胞の働きが悪くなる。
記憶力判断力低下で生活ができなくなる。
順天堂大学田平先生によると、認知症の前に軽度認知障害という段階。
本人や家族から見て物忘れが酷くなっているが生活ができる段階。
速めに対処すると正常に戻る。

軽度認知障害予防法のまとめ

食べるだけで認知症予防

青魚 EPA DHA 脂肪酸 脳の血流をさらさらにする効果。
脳の循環障害が大きな原因。
脳に栄養が届いて酸素もよく届く。
魚を食べない人は5.3倍認知症になりやすい。

●ココナッツオイル
中さ脂肪酸ケトン体、脳はブドウ糖を栄養源、カロリーは老化で落ちてくる。
ケトン体をその代わりに使う。ブドウ糖の代用品がケトン体。
アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

噛むだけで認知症予防

神奈川歯科大学 木本先生
若者と高齢者を比べたら 高齢者のほうが咀嚼することで脳が活性しやすい。
食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

笑って認知症予防

高柳和江先生 日本医科大学 笑医塾。
心から笑うと、免疫を高めて認知症予防、頭も良くなる。
心から感動して笑うこと。

偏桃体は快、不快かを判断する部分。
不快ばかりだと 交感神経を刺激し、うつ病になりやすい。
脳を活性化させる一番の方法。

●感動の笑い
①2人1組
②相手の良いところを伝える
③伝えられた側はその通り!といいます。
褒められた側は正直に受け止める

匂いで認知症予防

人間がかぎ分けられる種類の匂いとは、1兆種類あるそうです。
それだけ、嗅覚を刺激することは脳の刺激にもつながるのですね。
匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

運動+思考で認知症予防

デュアルタスクで認知症予防。
歩くと運動の領域を活性化し、しりとりが言葉の領域を活性化。
散歩+景色を見たり、考えながらでも効果がある。

関連記事

no image

筋緊張型頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

筋緊張型頭痛の例から。 65歳 肩こり

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

no image
がん細胞の増殖能力を示すKi67値が低いと抗がん剤は不要?

28歳の女性です。 左乳房に最大3センチの腫瘍が4つ見つかり、浸潤性

no image
前がん病変の大きさは10ミリ近くになると早期の肺がんの可能性

54才女性です。 1年半前、胸部レントゲンで肺に影があり造影ctを受

足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯
足が細くなる!きなこで取れる体のむくみ。おおさじ3杯

体のむくみの原因は塩分。 塩分が多いと血液の塩分濃度を減らすため

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン
トライエージ+で医者が警察を呼び、結果帰宅になった話

0歳寝返りできない脳出血は虐待のサイン 寝返りができない赤ちゃん

→もっと見る

PAGE TOP ↑