脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

公開日: : 脳神経外科、神経内科

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはディヒュージョンとフレアのことで一般的なMRI撮影のことです。MRI撮影は、撮影条件を変えることにより、経過時間を推測することができます。

脳MRI撮影は、撮影条件を変えることで分析ができる

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
flair(フレア) 脳梗塞、炎症や浮腫 すべて白く映る。炎症や浮腫は収まれば治る。
diffusion(ディヒュージョン) 一週間以内に起きた脳梗塞が白く映る。すでに細胞が死んでいるため機能は回復しない

flairにうつる白い影は脳梗塞よりも炎症や浮腫が疑われる。
感染性心内膜炎で脳に炎症が起こるのは稀。
脳に異常がおきることのほとんどは脳梗塞。

関連記事

no image

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

認知症診断の中でも最も比率の高いアルツハ

記事を読む

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

脳梗塞に急性期と維持期でのリハビリ。医療保険と介護保険

ではどういう方が脳梗塞になりやすい注意が

記事を読む

no image

初期の認知症は料理の味が変わる?趣味を辞めてしまう

認知症チェック なつかしの料理をリ

記事を読む

no image

脳卒中と急性期、回復、維持の期間と廃用症候群

脳卒中のリハビリとポイントをテレビで見た

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑