MRIとMRAのポイントは左右対称、白い斑点、血管に狭窄やこぶ

公開日: : 最終更新日:2014/11/11 脳神経外科、神経内科

認知症のリスクを高める行動はため息だそうです。
理由はため息をつくと思考回路がマイナスに働き、コルチゾールが大量に分泌。脳機能の低下を招き認知症に繋がる。
日曜朝の健康番組健康カプセルより、脳ドッグを受けるなら、知っておきたいMRIとMRA3つのポイントが紹介されていました。

MRIとMRA3つのポイント

脳ドッグはどういう人がうけるべきなのか?

くどうちあき脳神経外科クリニック
働き世代の襲う病気、くも膜下出血30代40代がピークなのでおすすめ。

脳ドッグその1 MRI MRA

MRI 脳の断面 脳腫瘍 脳梗塞がないか調べる。
MRA 脳の血管だけを立体的に映し出すソフト。1mmぐらいまで見える。
    脳出血、くも膜下出血などの狭窄やこぶを調べます。
まず耳栓をする。
頭が動くと取れないので固定します。
MRIは特殊な磁場で撮影していく。大きな音が鳴るのはコイルが振動するため。
約25分で終了。

MRIとMRA3つのポイント

MRIの一番大事なポイントは色も形も左右対称であること

脳腫瘍ができていると形がゆがんだり色が違う。

色を反転すると脳梗塞の症状、血管が詰まっていると所々に白い斑点が写ります

MRA脳の血管に狭窄こぶの有無

もうひとつ脳だけで安心してはいけない。
首より下も検査が必要なのです。
首の動脈、頚動脈が詰まっているかどうか。
頚動脈が動脈硬化で細くなっていたり、血栓が剥がれると脳の血管が詰まり脳梗塞の危険がある。

脳ドッグその2 頚動脈エコー

頚動脈エコーで血管の壁がでこぼこに写れば異常
血管の壁がでこぼこに写れば異常。

脳の病気を起こさない原点は3つ

血圧、病院や検診で血液の状態を見る、食生活。
50歳までは3~5年に1度。
60歳以上は1年に1度。
がお勧めだという。

脳ドッグは症状がない脳梗塞は65歳以上。2人に1人ぐらい。
一般的には4万円~8万円かかる。
認知症が増えている。患者数450万人以上。
65歳以上の8人に1人は認知症になっている。

関連記事

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の

記事を読む

no image

若年性認知症かも?うつ病の薬で効果がない時

うつ病治療に効果がない時は認知症を視野に

記事を読む

no image

初期の認知症は料理の味が変わる?趣味を辞めてしまう

認知症チェック なつかしの料理をリ

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

no image
KYゼリーはキシロカインに過敏や禁忌ある方向けだが保険外

キシロカインゼリーのキシロカインに過敏や禁忌ある方 使用されるKYゼ

no image
死体を解剖した時に左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

死因を調べるため死体を解剖した時、左より右の心臓の血が赤いと凍死らしい

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

→もっと見る

PAGE TOP ↑