若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

公開日: : 脳神経外科、神経内科

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
膠原病 外敵から身を守る抗体 神経の動きを妨げる

若い女性が幻覚幻聴。
幼児期でも起こりうるみたい。
脳腫瘍だとわかりやすいけど違うから、症状があるのに放置で悪化するみたい。
アメリカの記者がこの病気になり広めた。

症状は精神を病んだかのような状態。
意識混濁
体動かなくなる
呼吸できなくなり死に至る

頭部MRI CT見つからない
抗体を見つけて診断する病気

抗体の働きを抑える治療で完治するらしい。

アメリカでは以来数千人見つかったらしい。
日本ではどうなんだろうか。

抗NMDA 受容体抗体脳炎の臨床と病態より

抗NMDA受容体脳炎100例の特徴9)

1.若年女性に好発する. (女性91例,男性9例,5~ 76歳,中央値23歳)
2.非特異的前駆症状にひき続き,急速進行性に統合失調症様症状が出現する. (84%)
3.しばしば,痙攣発作を契機に緊張病性昏迷類似の状態に陥る. (76%)
4.しばしば,中枢性低換気となる. (66%)
5.意識障害がありながら多彩な異常運動が持続する. (86%)
6.多彩な自律神経症状も随伴する. (69%)
7.MRI上,22%に側頭葉内側病変を認めるが,一般に軽微な変化に過ぎない.
8.脳波上,92%に異常(徐波:71%,発作波21%)
9.卵巣奇形腫が高率に合併する.     (腫瘍合併率:100%→ 59%,女性62%,男性22%)
10.緩徐に回復し,社会復帰可能になる. (完全・ほぼ回復:75%,高度後遺症:15%,死亡:7%)
11.腫瘍切除と免疫療法の併用が有効である.ただし,腫瘍未切除でも改善しえる (自験例4例7))
12.再発例もあり. (15%)

関連記事

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image

くも膜下出血の発症の瞬間は吐くことが多い

くも膜下出血から生還した100人の証言。

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツ

記事を読む

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が出るらしい。
朝起きたらタオルを握ると血圧が下がる

朝タオルを握ると血液の流れが一度遮断され、その後開くと一酸化窒素が

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

→もっと見る

PAGE TOP ↑