脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

公開日: : 最終更新日:2015/06/13 脳神経外科、神経内科

脳は糖質しか栄養分にならない。
炭水化物が足らないと脳にとっては死活問題。

炭水化物を取ると脳の血流が活性化している。
脳が糖質不足に陥ると、注意力、集中力不足。
覚えたつもりでも、脳に蓄積されず物忘れとして現れる。
ダイエットで脳に栄養が足りなくなることで、物忘れが起こるという女性も多い。

意識的に多糖類を取ること

炭水化物は3つある。

単糖類 くだものハチミツなど

二糖類 砂糖、みずあめなど

小さいため、腸からすぐに血管内に入り込む。
血液中の糖分の量も急激に上昇。
脳にもすぐ届くが、さまざまな臓器に負担がかかる。
膵臓からのインスリンで減少される。
脳に栄養を与える時間が少ない。

多糖類 白米、麺類、芋類、豆類

分子が大きいため、ゆっくり吸収。
血液中の糖分が適量に保たれる。
脳をより若返らせるのは多糖類をなるべく摂取。

多糖類には植物繊維が豊富。
基準量以内であれば食べても太りにくい。

1番脳に長時間糖を送れる多糖類はパスタ

パスタ>そば、フランスパン>うどん>白米、パン>御餅
ゆっくり>>>>>>はやい
パスタの成分デュラム小麦 粒子が粗く、腸での吸収が遅い。
パスタだけじゃなくバランスよく栄養を取ることが重要。

ということは受験勉強などにも効果があるということかな。
その中でもココナッツオイルは4時間で脳に栄養が行くと言われていて人気ですね。
パスタが受験生に効くのかもしれません。

関連記事

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

認知症予防に算数、引き算しながら運動する

認知症の患者数 2002年 150万人

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

MRIとMRA3つのポイント

MRIとMRAのポイントは左右対称、白い斑点、血管に狭窄やこぶ

認知症のリスクを高める行動はため息だそう

記事を読む

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴、拘置所から出た後は?

警察管より、自殺するかもしれない、暴れて

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

no image

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケー

記事を読む

no image

TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

脳梗塞薬の効果高める治療法 新潟大

記事を読む

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

no image
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

no image
burst Fx 日本語 略語 医療

カルテにburst Fxと書かれていました。 日本語ではなんというの

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

→もっと見る

PAGE TOP ↑