脳卒中の種類,タイプ,症状,予防,後遺症,リハビリ

公開日: : 脳神経外科、神経内科

脳卒中から身を守る。脳卒中はある日突然起こります。
日本人が亡くなる3番目に多い病気で治療できたとしても重い後遺症がのこります。
脳卒中の症状として、左の足と左の手がおかしくなったという方の話だと
タクシーで病院に行ってその日に入院です。

脳卒中は後遺症が残る医療費負担の多い病気なので予防が必要

高齢化、生活習慣病が増えてきたため脳卒中の患者は増えている。
将来要介護5の原因となる病気の1位が脳血管疾患(脳卒中)
脳卒中の入院期間の長さも上げられる。
医療費の負担増にもつながる。
こうしたことから発症の予防が必要と考える。

脳卒中の種類

脳血管が破れるくも膜下出血

血管が破れる脳出血、これは脳の中の血管が破れる。
ほとんどが高血圧が原因で破れる。

血管が詰まる脳梗塞

昔は脳出血で亡くなる人がほとんどだったが、高血圧の治療で脳梗塞が子音になることは減った。
現在は6割が脳梗塞でなくなる。
血圧を下げれば脳出血は減ったけれども、血圧を下げれば脳梗塞が出てきた 

脳梗塞のタイプ

細い血管がやぶれたり詰まったり

血圧をさげるこで減った
大きな血管が詰まることで起こる脳梗塞が増えている

心臓が原因で脳梗塞が起こる

脳梗塞の3分の1で起こる心臓が原因の病気は心房細動。
不整脈で起こる脳梗塞。心房が細かく震える 心臓内にできた血栓で脳の動脈が詰まる
例えばコンクリートミキサー車。いつも回っているからコンクリートはつまらない。
血管も同じ。これが心原性脳梗塞です。

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞の症状

例えば脳梗塞だとやられた場所、範囲で症状が変わる
大きな例 片麻痺 半身が動かなくなる。
まひと間接が固くなる 脳卒中の後遺症
言語障害 ろれつがまわない高音障害
すべてがやられてしまう失語症
おもに左側をやられてしまう時
嚥下障害 特に水分飲み込みにくい、誤嚥性肺炎を起こす原因

その後のリハビリ

今大変リハビリが進化していて、リハビリで全て良くなるわけではない 限界がある
脳卒中にならないことが重要であるのはいうまでもない。

関連記事

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量。妊婦にも!

脳梗塞を予防する埼玉県坂戸市「坂戸市役所

記事を読む

パーキンソン病

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療に

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる

脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオー

記事を読む

no image

脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

脳は糖質しか栄養分にならない。 炭水化

記事を読む

no image

若年性認知症かも?うつ病の薬で効果がない時

うつ病治療に効果がない時は認知症を視野に

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑