脳卒中の種類,タイプ,症状,予防,後遺症,リハビリ

公開日: : 脳神経外科、神経内科

脳卒中から身を守る。脳卒中はある日突然起こります。
日本人が亡くなる3番目に多い病気で治療できたとしても重い後遺症がのこります。
脳卒中の症状として、左の足と左の手がおかしくなったという方の話だと
タクシーで病院に行ってその日に入院です。

脳卒中は後遺症が残る医療費負担の多い病気なので予防が必要

高齢化、生活習慣病が増えてきたため脳卒中の患者は増えている。
将来要介護5の原因となる病気の1位が脳血管疾患(脳卒中)
脳卒中の入院期間の長さも上げられる。
医療費の負担増にもつながる。
こうしたことから発症の予防が必要と考える。

脳卒中の種類

脳血管が破れるくも膜下出血

血管が破れる脳出血、これは脳の中の血管が破れる。
ほとんどが高血圧が原因で破れる。

血管が詰まる脳梗塞

昔は脳出血で亡くなる人がほとんどだったが、高血圧の治療で脳梗塞が子音になることは減った。
現在は6割が脳梗塞でなくなる。
血圧を下げれば脳出血は減ったけれども、血圧を下げれば脳梗塞が出てきた 

脳梗塞のタイプ

細い血管がやぶれたり詰まったり

血圧をさげるこで減った
大きな血管が詰まることで起こる脳梗塞が増えている

心臓が原因で脳梗塞が起こる

脳梗塞の3分の1で起こる心臓が原因の病気は心房細動。
不整脈で起こる脳梗塞。心房が細かく震える 心臓内にできた血栓で脳の動脈が詰まる
例えばコンクリートミキサー車。いつも回っているからコンクリートはつまらない。
血管も同じ。これが心原性脳梗塞です。

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞の症状

例えば脳梗塞だとやられた場所、範囲で症状が変わる
大きな例 片麻痺 半身が動かなくなる。
まひと間接が固くなる 脳卒中の後遺症
言語障害 ろれつがまわない高音障害
すべてがやられてしまう失語症
おもに左側をやられてしまう時
嚥下障害 特に水分飲み込みにくい、誤嚥性肺炎を起こす原因

その後のリハビリ

今大変リハビリが進化していて、リハビリで全て良くなるわけではない 限界がある
脳卒中にならないことが重要であるのはいうまでもない。

関連記事

パーキンソン病

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療に

記事を読む

高齢者でも安心の超音波収束装置

なにもしていないのに手が震える?動かすと震える?

寒さ、緊張、恐怖、感動…なぜ震えるのか?

記事を読む

no image

2時間で脳にステント。脳動脈瘤の新しい手術

脳動脈瘤は無症状なのが特徴。大きいと破裂

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる

脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオー

記事を読む

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

脳は糖質しか栄養分にならない。 炭水化

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

脳梗塞に急性期と維持期でのリハビリ。医療保険と介護保険

ではどういう方が脳梗塞になりやすい注意が

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑