脳卒中の種類,タイプ,症状,予防,後遺症,リハビリ

公開日: : 脳神経外科、神経内科

脳卒中から身を守る。脳卒中はある日突然起こります。
日本人が亡くなる3番目に多い病気で治療できたとしても重い後遺症がのこります。
脳卒中の症状として、左の足と左の手がおかしくなったという方の話だと
タクシーで病院に行ってその日に入院です。

脳卒中は後遺症が残る医療費負担の多い病気なので予防が必要

高齢化、生活習慣病が増えてきたため脳卒中の患者は増えている。
将来要介護5の原因となる病気の1位が脳血管疾患(脳卒中)
脳卒中の入院期間の長さも上げられる。
医療費の負担増にもつながる。
こうしたことから発症の予防が必要と考える。

脳卒中の種類

脳血管が破れるくも膜下出血

血管が破れる脳出血、これは脳の中の血管が破れる。
ほとんどが高血圧が原因で破れる。

血管が詰まる脳梗塞

昔は脳出血で亡くなる人がほとんどだったが、高血圧の治療で脳梗塞が子音になることは減った。
現在は6割が脳梗塞でなくなる。
血圧を下げれば脳出血は減ったけれども、血圧を下げれば脳梗塞が出てきた 

脳梗塞のタイプ

細い血管がやぶれたり詰まったり

血圧をさげるこで減った
大きな血管が詰まることで起こる脳梗塞が増えている

心臓が原因で脳梗塞が起こる

脳梗塞の3分の1で起こる心臓が原因の病気は心房細動。
不整脈で起こる脳梗塞。心房が細かく震える 心臓内にできた血栓で脳の動脈が詰まる
例えばコンクリートミキサー車。いつも回っているからコンクリートはつまらない。
血管も同じ。これが心原性脳梗塞です。

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞の症状

例えば脳梗塞だとやられた場所、範囲で症状が変わる
大きな例 片麻痺 半身が動かなくなる。
まひと間接が固くなる 脳卒中の後遺症
言語障害 ろれつがまわない高音障害
すべてがやられてしまう失語症
おもに左側をやられてしまう時
嚥下障害 特に水分飲み込みにくい、誤嚥性肺炎を起こす原因

その後のリハビリ

今大変リハビリが進化していて、リハビリで全て良くなるわけではない 限界がある
脳卒中にならないことが重要であるのはいうまでもない。

関連記事

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿

記事を読む

no image

若年性認知症かも?うつ病の薬で効果がない時

うつ病治療に効果がない時は認知症を視野に

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

脳梗塞のチェック方法Act-FASTとい

記事を読む

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断

記事を読む

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑