「 脳神経外科、神経内科 」 一覧

認知症、脳梗塞、脳出血後遺症などについて。

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は? 50代主婦、くも膜下出血などの脳病気が気になる。突然なるから。 予防対策はできるのでしょうか? くも膜下出血は脳の血管にこぶができ、脳動脈瘤の破裂して

続きを見る

脳卒中と急性期、回復、維持の期間と廃用症候群

脳卒中のリハビリとポイントをテレビで見た。 脳卒中になると後遺症が必ず出るので早く初めて続けていくと言うことの重要性です。 期間を追って説明します。 国立循環器病研究センタ 脳血管内科 上原敏志

続きを見る

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病気です。 救急車で運ばれた時、意識なかったが後遺症が残らなかった例です。 血栓を取り除いて押さえることができる。 ここまで血栓は取り除ける 九州医療

続きを見る

脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

脳は糖質しか栄養分にならない。 炭水化物が足らないと脳にとっては死活問題。 炭水化物を取ると脳の血流が活性化している。 脳が糖質不足に陥ると、注意力、集中力不足。 覚えたつもりでも、脳に蓄

続きを見る

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究センター 河野先生 高血圧治療 大勢の方が高血圧、治療では食事や運動生活習慣の改善 それだけでは血圧が正常にならない方が多いため、薬で正常にする。 よくあ

続きを見る

若年性認知症かも?うつ病の薬で効果がない時

うつ病治療に効果がない時は認知症を視野に画像診断を。 若年性認知症などの重大疾患の前兆を見逃すな。 今テレビドラマでもやっている若年性アルツハイマーのう可能性も隠れているという事ですね。

続きを見る

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落とすために熱を放さんしているから。 睡眠時間が短い人ほど肥満。 睡眠不足は食欲を促すホルモンが増加、食欲抑えるホルモン低下する。 睡眠の質が下がると夜中

続きを見る

TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

脳梗塞薬の効果高める治療法 新潟大脳研究所のチームは、脳梗塞で詰まった血栓を溶かす薬剤「TPA」の効果を向上させ、副作用を抑える可能性がある治療法を開発したと評価した。 TPAの投与と同時にた

続きを見る

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。 65歳の5人に1人が認知症と言われ、最も多いのがアルツハイマー型認知症。 それに続き脳血管性認知症。 脳血管性認知症は、脳梗塞などで脳の太い血管に血栓、壊死し

続きを見る

なにもしていないのに手が震える?動かすと震える?

寒さ、緊張、恐怖、感動…なぜ震えるのか? 40代から現れ、60代になると16人に1人。 緊張の震えを和らげる効果のある食べ物は白子。 人はどうして震えるの? 新百合ヶ丘総合病院名誉院長

続きを見る

食べすぎインスリンがアルツハイマー型認知症を進行させる

アルツハイマー型は、神経細胞が破壊され脳が萎縮する病気。 記憶障害、判断の障害、家族のことも忘れれる。 脳に老廃物が溜まることが原因。 最近になって思いもよらぬ予防法を発見。 ためしてガッテン

続きを見る

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の時間でやってました。 脳梗塞の死亡者数は年間7万人。 介護が必要な重度の障害が残ることも。 いちはやく治療を受けるには? 脳梗塞予防に適切な食材は枝豆で

続きを見る

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

脳梗塞のチェック方法Act-FASTというのがあります。 Face 表情の麻痺 笑った顔が片方にひきつっていないか Arm 腕の麻痺 両方の腕がきちんと上がっているか Speet

続きを見る

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量。妊婦にも!

脳梗塞を予防する埼玉県坂戸市「坂戸市役所健康スポーツ推進課」の取り組みが健康カプセル元気の時間で紹介されてました。 脳梗塞であるとか認知症予防、葉酸を多く取るための坂戸葉酸プロジェクト。 脳梗

続きを見る

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病院に1人の女性。 手術日の53歳。 頭部MRI撮影。 脳に散らばる白い塊。脳の腫瘍。 その数は20個以上。すべて悪性のものだった。 世界脳神経外科学会

続きを見る

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、 抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。 健康保険は適用されないので治療が自己負

続きを見る

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑