「 脳神経外科、神経内科 」 一覧

認知症、脳梗塞、脳出血後遺症などについて。

TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

脳梗塞薬の効果高める治療法 新潟大脳研究所のチームは、脳梗塞で詰まった血栓を溶かす薬剤「TPA」の効果を向上させ、副作用を抑える可能性がある治療法を開発したと評価した。 TPAの投与と同時にた

続きを見る

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。 65歳の5人に1人が認知症と言われ、最も多いのがアルツハイマー型認知症。 それに続き脳血管性認知症。 脳血管性認知症は、脳梗塞などで脳の太い血管に血栓、壊死し

続きを見る

なにもしていないのに手が震える?動かすと震える?

寒さ、緊張、恐怖、感動…なぜ震えるのか? 40代から現れ、60代になると16人に1人。 緊張の震えを和らげる効果のある食べ物は白子。 人はどうして震えるの? 新百合ヶ丘総合病院名誉院長

続きを見る

食べすぎインスリンがアルツハイマー型認知症を進行させる

アルツハイマー型は、神経細胞が破壊され脳が萎縮する病気。 記憶障害、判断の障害、家族のことも忘れれる。 脳に老廃物が溜まることが原因。 最近になって思いもよらぬ予防法を発見。 ためしてガッテン

続きを見る

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の時間でやってました。 脳梗塞の死亡者数は年間7万人。 介護が必要な重度の障害が残ることも。 いちはやく治療を受けるには? 脳梗塞予防に適切な食材は枝豆で

続きを見る

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

脳梗塞のチェック方法Act-FASTというのがあります。 Face 表情の麻痺 笑った顔が片方にひきつっていないか Arm 腕の麻痺 両方の腕がきちんと上がっているか Speet

続きを見る

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量。妊婦にも!

脳梗塞を予防する埼玉県坂戸市「坂戸市役所健康スポーツ推進課」の取り組みが健康カプセル元気の時間で紹介されてました。 脳梗塞であるとか認知症予防、葉酸を多く取るための坂戸葉酸プロジェクト。 脳梗

続きを見る

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病院に1人の女性。 手術日の53歳。 頭部MRI撮影。 脳に散らばる白い塊。脳の腫瘍。 その数は20個以上。すべて悪性のものだった。 世界脳神経外科学会

続きを見る

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、 抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。 健康保険は適用されないので治療が自己負

続きを見る

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケート羽生結弦選手の事件を機に増えている。 頭部外傷は若い人ほど危険性が高まる。 特に脳震盪の場合は診断が難しく、疑われる場合には、プレーをやめさせるガイドライ

続きを見る

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断、考える能力が落ちてくる病気。 認知症の種類は、アルツハイマー型66.2%、脳血管性19.6%、レビー小体型6.2%、その他8%。 実際の認知症の診察室

続きを見る

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑