「 脳神経外科、神経内科 」 一覧

認知症、脳梗塞、脳出血後遺症などについて。

MRIとMRAのポイントは左右対称、白い斑点、血管に狭窄やこぶ

認知症のリスクを高める行動はため息だそうです。 理由はため息をつくと思考回路がマイナスに働き、コルチゾールが大量に分泌。脳機能の低下を招き認知症に繋がる。 日曜朝の健康番組健康カプセルより、脳ドッ

続きを見る

脳卒中後遺症の頭痛に効く安い漢方薬、身体障害者手帳を取ろう

脳卒中とは、血管が詰まる、脳梗塞(脳血栓症、脳塞栓症、一過性能虚血発作)、血管が破れる脳出血、くも膜下出血。 それを脳外科の病院などで治療して、その後治った(後遺症があっても医学的に治癒、症状固定し

続きを見る

筋緊張型頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

筋緊張型頭痛の例から。 65歳 肩こり 頭全体が締め付けられる痛み。 鎮痛薬を使っても改善されない。 ※重大な病気が怖い方は頭痛が原因の病気と見分け方も参考に。 筋緊張型頭痛の特徴 原因

続きを見る

片頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

32歳女性、こめかみ痛い、吐き気を伴う頭痛。 頭を動かすとガンガン、一晩寝ているとましになる。 目の前に光るギザギザ、その後頭痛が酷くなる。 片頭痛は、脳の血管が広がることで起こるとされている。

続きを見る

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿漏れ1000万人、夜間頻尿4500万人 尿トラブルの新事実。 名医、排泄機能センター山西先生。 頻尿や尿漏れは年のせい(加齢、骨盤低筋ゆるみ、膀胱の血

続きを見る

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因不明の病気「本態性振戦」の治療に超音波収束装置を使う治験が行われている。 頭蓋骨を切開せず、外から超音波を脳の奥深くに集中照射して治療できる新しい治療法です。

続きを見る

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気刺激を与えて人工的に横隔膜を動かし、呼吸運動を補助することをいう。 2011年にFDA(米国食品医薬品局)がALS患者さんに対するALS横隔膜ページング(横隔

続きを見る

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

認知症診断の中でも最も比率の高いアルツハイマー型認知症患者に対する治療薬は現在4種類あり、患者の体質や生活環境にあわせ選択できる。 アリセプト=コリンエステラーゼ阻害薬 アルツハイマーを発

続きを見る

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍 片頭痛を治療せずに放置すると脳梗塞の危険性が25倍。 過度のストレスで血管が拡張し神経を圧迫。 成人女性に多く見られる。 女性月4回~男性は月1回で片

続きを見る

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の夕食が思い出せない ●買い物で同じものを買ってしまう 老化による物忘れは上記の2つ。 目的自体を忘れる認知症の初期症状は買い物で同じものを忘れることで

続きを見る

認知症のがん患者、せん妄の対応

読売新聞出紹介されていた、広島県の福山市民病院でのせん妄の対応です。 せん妄の状態と原因 せん妄は認知機能が下がった状態で、一時的な興奮や幻視、無気力などの症状を伴う。高齢者に生じやすく、

続きを見る

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑