「 脳神経外科、神経内科 」 一覧

認知症、脳梗塞、脳出血後遺症などについて。

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神経疾患ジストニア。 局所性ジストニアは音楽家やスポーツ選手に多く発症する。 コブクロの小渕健太郎さんなど多くの音楽家を苦しめてきた。 命に関わる病気ではな

続きを見る

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を動かす 運動は脳の広範囲を活性化する。 一番領域を使っているのが親指、人差し指。 左右同時に同じ指を動かすだけでも脳を使う。 発症を抑える食べ物は、カ

続きを見る

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害が起こる 2.幻覚妄想 3.会話日常生活が困難 4.寝たきりになる 初期は自覚症状がある 心配されて患者が来る 有る程度進むと自分も病気であること

続きを見る

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。 認知症はいったん発症すると治らない。 予防法がわかってきたので速めに診断が重要。 アルツハイマー物忘れの特徴は一部ではなく全て忘れること アルツハ

続きを見る

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく質がたまる。 神経細胞にとって毒でシナプスを攻撃する。 タウというたんぱく質が神経細胞が機能を失う。 記憶を作る細胞が障害を受けることによって3時間前の記

続きを見る

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢性疲労症候群(CFS)の患者の脳内で炎症が起きていることを確認したと大阪市立大学の渡辺恭良健康科学イノベーションセンター所長らの研究グループが発表した。 客観

続きを見る

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺伝? 昔は月に1回の頭痛だった、仕事中痛くなったらどうしようと薬を2倍飲んだりする。 薬を多く飲むのが間違った対処方法。 飲んでいる薬が効かなくなると

続きを見る

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の病気をご紹介します。 虎ノ門病院脳神経外科原先生。 1次性頭痛 脳や身体には問題がないのに起こる頭痛の代表は片頭痛、 緊張型頭痛、筋肉のコリやストレ

続きを見る

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツハイマー型認知症が増えてきた。 そこで匂いと香りで脳の若返りする方法が注目。 鳥取大学医学部 浦上先生 日本認知症学会 評価員 認知症は根本的に治すことが

続きを見る

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳の神経難病「パーキンソン病」の患者で、血液中のたんぱく質がわずかに増えると、幻覚や錯覚を引き起こすことがあると、 国立病院機構宇多野病院(京都市)の澤田秀幸臨

続きを見る

寝たきり脳梗塞=心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病

脳梗塞の最善の対処法。 心臓にも原因あり、不整脈のひとつの心房細動です。 心房細動による脳梗塞は寝たきりになる原因になりやすい。 東京女子医科大学、主任教授内山先生。 心房細動で脳梗塞にな

続きを見る

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると、脳細胞がまだ死んでいないアルツハイマーの早期なら短時間で効果があると書いてあります。 ですが、ケトン体が効かない人もいます。 ココナッツオイルで4時間

続きを見る

第二の認知症レビー型小体と幻視を消すコツと気付くポイント

第二の認知症、5人に1人がレビー小体型認知症。 レビー型認知症を発見した横浜市立大学の小阪憲司先生が発見者。 最大の特徴は幻視。 アルツハイマーと違う点 アルツハイマー型と間違う、

続きを見る

脳出血 脳卒中 後遺症 手指が硬く握ったまま麻痺突っ張った緊張を解く

脳卒中後遺症をボツリヌス毒素療法が浸透。 脳出血など脳卒中の後遺症として多くを占める手足の麻痺。 その中で痙縮(けいしゅく)は、筋肉の緊張が緩まず、手足などが突っ張った状態になる症状です。 この

続きを見る

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑