PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 脳神経外科、神経内科

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断、考える能力が落ちてくる病気。
認知症の種類は、アルツハイマー型66.2%、脳血管性19.6%、レビー小体型6.2%、その他8%。

実際の認知症の診察室で行う質問

これからいう単語を覚えてください
ボール 旗 さくら
100から7を引いていってください。
93、86、79・・・
さっき言った3つの言葉を答えてください。
こういのが11問ある。MMSE30点満点。

MRI検査

認知症を診断するソフトで記憶の中枢を司る海馬の萎縮を見つける。
認知症が進むと海馬は萎縮し空洞が出きる。

海馬の萎縮度を数値化

海馬の萎縮度を数値化
0~1 萎縮無し。正常
1~2 やや萎縮
2~3 かなり萎縮
3~ 強い萎縮

PET検査とは?

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます
静脈にブドウ糖検査薬を体内で分散。
専用の画像装置で脳を撮影。
脳の活用に使うブドウ糖がどのように代謝しているかを計測。
今後の発症の可能性のある認知症のタイプと時期がわかる。
撮影された画像を解析。
正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます。

アルツハイマー型認知症に進む症例

アルツハイマー型認知症に進む症例
アルツハイマー型認知症に進む人は脳の内側にある後部帯状回の代謝が低下。
この方は5年以外にすすむ。

レビー小体型認知症に進む症例

レビー小体型認知症に進む症例
レビー小体型認知症に進む人は後頭葉、視覚野の代謝が低下する。

こうした種類と時期がわかれば使えます。
認知症別の有用な治療法が伸展している。
前のレベルでふさわしい治療をするのが重要。

認知症はどの程度から危ない?

自分では自覚がないのに家族から指摘されるのは危ない。
有名人を忘れるなどは問題ない。

関連記事

no image
職業病、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑