PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

公開日: : 最終更新日:2014/11/09 脳神経外科、神経内科

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断、考える能力が落ちてくる病気。
認知症の種類は、アルツハイマー型66.2%、脳血管性19.6%、レビー小体型6.2%、その他8%。

実際の認知症の診察室で行う質問

これからいう単語を覚えてください
ボール 旗 さくら
100から7を引いていってください。
93、86、79・・・
さっき言った3つの言葉を答えてください。
こういのが11問ある。MMSE30点満点。

MRI検査

認知症を診断するソフトで記憶の中枢を司る海馬の萎縮を見つける。
認知症が進むと海馬は萎縮し空洞が出きる。

海馬の萎縮度を数値化

海馬の萎縮度を数値化
0~1 萎縮無し。正常
1~2 やや萎縮
2~3 かなり萎縮
3~ 強い萎縮

PET検査とは?

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます
静脈にブドウ糖検査薬を体内で分散。
専用の画像装置で脳を撮影。
脳の活用に使うブドウ糖がどのように代謝しているかを計測。
今後の発症の可能性のある認知症のタイプと時期がわかる。
撮影された画像を解析。
正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます。

アルツハイマー型認知症に進む症例

アルツハイマー型認知症に進む症例
アルツハイマー型認知症に進む人は脳の内側にある後部帯状回の代謝が低下。
この方は5年以外にすすむ。

レビー小体型認知症に進む症例

レビー小体型認知症に進む症例
レビー小体型認知症に進む人は後頭葉、視覚野の代謝が低下する。

こうした種類と時期がわかれば使えます。
認知症別の有用な治療法が伸展している。
前のレベルでふさわしい治療をするのが重要。

認知症はどの程度から危ない?

自分では自覚がないのに家族から指摘されるのは危ない。
有名人を忘れるなどは問題ない。

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑