新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

公開日: : 脳神経外科、神経内科

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺伝?
昔は月に1回の頭痛だった、仕事中痛くなったらどうしようと薬を2倍飲んだりする。
薬を多く飲むのが間違った対処方法。

飲んでいる薬が効かなくなると、違う薬を飲むという薬ショッピング。
今までにない激しい頭痛、孫悟空の輪の痛みのよう。
脳出血が疑われれMRIしたが脳に病気はない。
その後痛くないのは1ヶ月に4日。

新型片頭痛とは、慢性片頭痛のこと

たまたま受診した耳鼻咽喉科で頭痛専門を紹介された。埼玉国際頭痛センターの坂井先生。
慢性片頭痛、これが新型片頭痛の正体。
月に1~2度しか起こらない偏頭痛が月の半分以上慢性的に起こる病気。
自己判断で間違った対処方法をすることで慢性化するといわれている。

痛みが脳に伝達、痛みを抑える物質が脳から出る。さらに鎮痛剤の効果で痛みを抑えられる。
薬を飲みすぎると、珍図う剤が痛みを抑えることで 痛みを抑える物質を出さなければならない脳が痛みを抑える物質を出さなくなる。

痛みを抑える物質を出さないのが慢性片頭痛

痛みを抑える物質が出ないから、すぐに頭が痛くなってしまう。
薬を飲みすぎることで脳は過敏になり、ちょっとした痛みにも反応し、
薬の鎮痛効果では治まらなくなる。
慢性片頭痛のもう一つの特徴。
薬の効果がなくなるたびに薬を変え、悪化させてしまっていた。
頭痛は300種類あり、原因はさまざま。
自分の判断で決めるのは危ない。
頭痛外来で色々な治療を探し、改善するのが正しい治し方。

頭痛のタイプの見分け方

片頭痛と緊張型頭痛
緊張型とは、方や肩のこり、血行が悪くなることから頭が締め付けられるように痛くなる。
頭痛持ちの半分が緊張型、20%が片頭痛。
この2つにはやっかいな落とし穴、対処方法がま逆。

見分け方、おじぎで酷くなるのが片頭痛

頭痛があるとき、深くおじぎをする。
おじぎで酷くなると片頭痛、変わらないと緊張型の場合が多い。
おじぎで心臓より脳が下になり、脳の静脈の圧が高くなる 。
片頭痛は血管が拡張すると痛むので悪化。
緊張型は筋肉のこわばり、血行の悪さなのでおじぎしても変わらない。

対処方法

緊張型
マッサージ 運動 風呂に入る、血行を良くする

片頭痛
頭を冷やす、カフェイン入りの飲み物を飲む、眠る

頭痛が起きないようにするには

ストレスを溜めないように睡眠不足にならないようにする。 
1日2分 頭痛予防体操
腕を曲げて肩をまわす、顔はまっすぐ、首に力をいれない。
肩をまわす、首のインナーマッスルがストレッチされる。
脳にいい信号が送られて頭痛がでにくくなる。

関連記事

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断

記事を読む

no image

脳卒中の症状、救急車、早期発見、血栓を溶かす治療

脳梗塞の症状をご紹介します。 手が変だ

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツ

記事を読む

正常圧水頭症のMRIの特徴

正常圧水頭症のMRIの特徴と脳脊髄液が前頭葉を圧迫

正常圧水頭症はみずあたまと書きます。漢字

記事を読む

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

脳梗塞のチェック方法Act-FASTとい

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳

記事を読む

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量。妊婦にも!

脳梗塞を予防する埼玉県坂戸市「坂戸市役所

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑