慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 脳神経外科、神経内科

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢性疲労症候群(CFS)の患者の脳内で炎症が起きていることを確認したと大阪市立大学の渡辺恭良健康科学イノベーションセンター所長らの研究グループが発表した。
客観的な診断や病気のメカニズム解明に繋がると期待される。
成果はアメリカ専門誌、ザ・ジャーナル・オブ・ニュークリア・メディスン電子版に掲載された。

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症を確認

CFSは日常生活が困難になるほどの疲労感が長期間続き、頭痛、関節痛など様々な症状も伴う。
国内で約30万人いると推定されるが、診断は自覚症状が中心で客観的な指標はない。
渡辺所長らは炎症の有る部位で増加するたんぱく質に着目。
CFSと診断された患者9人と健康な10人の脳を陽電子放射断層撮影(PET)検査で調べた所、このたんぱく質の量は、患者のほうが健康な人の約2倍だった。

様々な痛みの感知にかかわる「視床」という部分で炎症が強いほど、痛みも強いなど、炎症の部位と症状が関連することもわかった。
渡辺所長は、より簡易な方法で診断できるよう研究を進めたい、炎症と症状の関係を調べることで根本的な治療法の開発にも繋がるのではないかと。

東京慈恵会医科大学の近藤教授(ウイルス学)は、CFSの患者は症状が様々で、実際には細かく分類できるはず。
客観的な診断が確立できれば治療法の解明にも繋がるのではないかとしている。

炎症が強ければ痛みが増すのであれば炎症を抑えればいい。
という感じで、将来は薬で治るかもしれませんね。
珍しい病気や症状に悩む方が簡単に減ればいいですね。

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

ノロウイルスは、手指や食品などから経口で感染
治療は保険、ノロウイルスの検査だけ実費が正しい見解

ノロウイルスの保険適応 ア 3才未満の患者 イ 65歳以上の患

no image
障害者手帳を更新したいけど書いてくれる先生がいない

医療事務の仕事をしていて、障害者手帳を更新したい。 当院退院後3年間

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

→もっと見る

PAGE TOP ↑