慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

公開日: : 最終更新日:2014/04/22 脳神経外科、神経内科

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢性疲労症候群(CFS)の患者の脳内で炎症が起きていることを確認したと大阪市立大学の渡辺恭良健康科学イノベーションセンター所長らの研究グループが発表した。
客観的な診断や病気のメカニズム解明に繋がると期待される。
成果はアメリカ専門誌、ザ・ジャーナル・オブ・ニュークリア・メディスン電子版に掲載された。

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症を確認

CFSは日常生活が困難になるほどの疲労感が長期間続き、頭痛、関節痛など様々な症状も伴う。
国内で約30万人いると推定されるが、診断は自覚症状が中心で客観的な指標はない。
渡辺所長らは炎症の有る部位で増加するたんぱく質に着目。
CFSと診断された患者9人と健康な10人の脳を陽電子放射断層撮影(PET)検査で調べた所、このたんぱく質の量は、患者のほうが健康な人の約2倍だった。

様々な痛みの感知にかかわる「視床」という部分で炎症が強いほど、痛みも強いなど、炎症の部位と症状が関連することもわかった。
渡辺所長は、より簡易な方法で診断できるよう研究を進めたい、炎症と症状の関係を調べることで根本的な治療法の開発にも繋がるのではないかと。

東京慈恵会医科大学の近藤教授(ウイルス学)は、CFSの患者は症状が様々で、実際には細かく分類できるはず。
客観的な診断が確立できれば治療法の解明にも繋がるのではないかとしている。

炎症が強ければ痛みが増すのであれば炎症を抑えればいい。
という感じで、将来は薬で治るかもしれませんね。
珍しい病気や症状に悩む方が簡単に減ればいいですね。

関連記事

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の

記事を読む

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

寝たきり脳梗塞=心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病

脳梗塞の最善の対処法。 心臓にも原因あ

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

脳卒中の症状、救急車、早期発見、血栓を溶かす治療

脳梗塞の症状をご紹介します。 手が変だ

記事を読む

no image

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑