片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

公開日: : 最終更新日:2014/06/17 脳神経外科、神経内科

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

片頭痛を治療せずに放置すると脳梗塞の危険性が25倍。
過度のストレスで血管が拡張し神経を圧迫。
成人女性に多く見られる。


女性月4回~男性は月1回で片頭痛というそう。
新型片頭痛とは、慢性片頭痛のこと

脳の血管の周りに炎症が起き、何回も繰り返すと脳の血管がもろくなり脳梗塞になり安い。
普通の頭痛と違い、頭を触ってガンと強くなったら片頭痛。

片頭痛は血管を広げるポリフェノールを多く含む食べ物、イタリア料理はよくない

イタリア料理に多く使われるオリーブオイルやチーズ、ポリフェノールは血管を広げる食べ物。
片頭痛には逆効果。
牛乳 大豆 レバー ごぼう ひじき ビタミンB2もいい
アルコール類は血管を広げるので 重ねて取りすぎるとよくない
片頭痛を治療する薬 イタリア製が2~3種類ある

片頭痛は真っ白な壁もよくない

例えば、新しく引っ越した壁が真っ白。
光の反射でまぶしい目からの刺激はよくない。
淡いクリーム系、淡いライト。

片頭痛はポニーテールもよくない

女性のポニーテール、頭の神経刺激する変ずつ悪化することが多い。
髪型は前髪オンザ眉毛がいい。
目の前で毛がチラチラするだけで片頭痛。

片頭痛の予防法

片頭痛の予防法はあまり血行を良すぎるといけないこと。
普段は肩のあたりの血行をよくするのがいい。
肩をすくめて10秒もどすを1日3回ぐらい。
肩の筋肉がほぐれて神経の刺激が和らぐ。

注意としては、頭痛が原因の脳の病気などもあります。
頭痛が原因の重大な病気と見分け方

関連記事

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑