片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

公開日: : 最終更新日:2014/06/17 脳神経外科、神経内科

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

片頭痛を治療せずに放置すると脳梗塞の危険性が25倍。
過度のストレスで血管が拡張し神経を圧迫。
成人女性に多く見られる。


女性月4回~男性は月1回で片頭痛というそう。
新型片頭痛とは、慢性片頭痛のこと

脳の血管の周りに炎症が起き、何回も繰り返すと脳の血管がもろくなり脳梗塞になり安い。
普通の頭痛と違い、頭を触ってガンと強くなったら片頭痛。

片頭痛は血管を広げるポリフェノールを多く含む食べ物、イタリア料理はよくない

イタリア料理に多く使われるオリーブオイルやチーズ、ポリフェノールは血管を広げる食べ物。
片頭痛には逆効果。
牛乳 大豆 レバー ごぼう ひじき ビタミンB2もいい
アルコール類は血管を広げるので 重ねて取りすぎるとよくない
片頭痛を治療する薬 イタリア製が2~3種類ある

片頭痛は真っ白な壁もよくない

例えば、新しく引っ越した壁が真っ白。
光の反射でまぶしい目からの刺激はよくない。
淡いクリーム系、淡いライト。

片頭痛はポニーテールもよくない

女性のポニーテール、頭の神経刺激する変ずつ悪化することが多い。
髪型は前髪オンザ眉毛がいい。
目の前で毛がチラチラするだけで片頭痛。

片頭痛の予防法

片頭痛の予防法はあまり血行を良すぎるといけないこと。
普段は肩のあたりの血行をよくするのがいい。
肩をすくめて10秒もどすを1日3回ぐらい。
肩の筋肉がほぐれて神経の刺激が和らぐ。

注意としては、頭痛が原因の脳の病気などもあります。
頭痛が原因の重大な病気と見分け方

関連記事

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難

記事を読む

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量

脳梗塞を予防する葉酸の一日の摂取量。妊婦にも!

脳梗塞を予防する埼玉県坂戸市「坂戸市役所

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

脳卒中の種類,タイプ,症状,予防,後遺症,リハビリ

脳卒中から身を守る。脳卒中はある日突然起

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断

記事を読む

no image

脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

脳は糖質しか栄養分にならない。 炭水化

記事を読む

no image

2時間で脳にステント。脳動脈瘤の新しい手術

脳動脈瘤は無症状なのが特徴。大きいと破裂

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑