白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。
65歳の5人に1人が認知症と言われ、最も多いのがアルツハイマー型認知症。
それに続き脳血管性認知症。

脳血管性認知症は、脳梗塞などで脳の太い血管に血栓、壊死し、認知機能低下を引き起こす。
脳梗塞や脳内出血、血管の老化に伴って起きる認知障害です。
加齢、喫煙も原因のひとつで、血管性認知症の急増が問題視されています。
一歩手前の血管の状態が徐々に解明されてきました。

それが脳の白質病変。ほおっておくと認知症

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法
白質病変とは脳の白いぽつぽつです。
脳の細い血管が硬くなり、自由に収縮しなくなり、その部分の細胞に水分が増えている。
脳の血管の細い血管が硬くなり血流が滞ったために起こる異変。
酸素が不足するため、周りの細胞が弱まり、水分が染み出る。

なぜ物忘れがでるのか?

神経細胞、神経線維が張り巡らされている。
細胞が弱まると、神経繊維の働きが低下。
情報が伝わりにくくなり、徐々に拡大。
認知症を発症してしまう。

だからこそ白質病変を初期段階で発見することが大切

特徴的な物忘れとは???

階段の場所がわからなくなる、地図が読めない。
できることが残っているのにこれはできない。
まだらにできない。

大きな特徴はまだら物忘れ症状

記憶力、判断力、計画力、空間認識力のうち、ある認知機能だけが低下。
まだら物忘れ症状。

  • まだら物忘れ
  • 2ちょっとした段差につまずく
  • 3食事の時に咳き込む

白質病変は50歳 60歳どんどん増える。
日本人7割ができる。
高血圧、血圧を下げるのが重要。

白質病変の進行をとめる方法

1日30分の散歩

血圧を下げるには 30分の散歩が効果的

地中海料理を食べる

ある地方の郷土料理、地中海、イタリア、ギリシャ、スペイン。
白質病変を予防するにはパスタ料理、シーフード、パエリア、ブイヤベースが効果的。

地中海料理の特徴3つ

  • オリーブオイルが使われている
  • 魚介類が多い
  • くるみ ナッツ類が多い

オレイン酸、DHA、EPAが動脈硬化、高血圧の改善に効果有なのです。

関連記事

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

no image

くも膜下出血の発症の瞬間は吐くことが多い

くも膜下出血から生還した100人の証言。

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

no image

筋緊張型頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

筋緊張型頭痛の例から。 65歳 肩こり

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image

脳卒中後遺症の頭痛に効く安い漢方薬、身体障害者手帳を取ろう

脳卒中とは、血管が詰まる、脳梗塞(脳血栓

記事を読む

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑