白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。
65歳の5人に1人が認知症と言われ、最も多いのがアルツハイマー型認知症。
それに続き脳血管性認知症。

脳血管性認知症は、脳梗塞などで脳の太い血管に血栓、壊死し、認知機能低下を引き起こす。
脳梗塞や脳内出血、血管の老化に伴って起きる認知障害です。
加齢、喫煙も原因のひとつで、血管性認知症の急増が問題視されています。
一歩手前の血管の状態が徐々に解明されてきました。

それが脳の白質病変。ほおっておくと認知症

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法
白質病変とは脳の白いぽつぽつです。
脳の細い血管が硬くなり、自由に収縮しなくなり、その部分の細胞に水分が増えている。
脳の血管の細い血管が硬くなり血流が滞ったために起こる異変。
酸素が不足するため、周りの細胞が弱まり、水分が染み出る。

なぜ物忘れがでるのか?

神経細胞、神経線維が張り巡らされている。
細胞が弱まると、神経繊維の働きが低下。
情報が伝わりにくくなり、徐々に拡大。
認知症を発症してしまう。

だからこそ白質病変を初期段階で発見することが大切

特徴的な物忘れとは???

階段の場所がわからなくなる、地図が読めない。
できることが残っているのにこれはできない。
まだらにできない。

大きな特徴はまだら物忘れ症状

記憶力、判断力、計画力、空間認識力のうち、ある認知機能だけが低下。
まだら物忘れ症状。

  • まだら物忘れ
  • 2ちょっとした段差につまずく
  • 3食事の時に咳き込む

白質病変は50歳 60歳どんどん増える。
日本人7割ができる。
高血圧、血圧を下げるのが重要。

白質病変の進行をとめる方法

1日30分の散歩

血圧を下げるには 30分の散歩が効果的

地中海料理を食べる

ある地方の郷土料理、地中海、イタリア、ギリシャ、スペイン。
白質病変を予防するにはパスタ料理、シーフード、パエリア、ブイヤベースが効果的。

地中海料理の特徴3つ

  • オリーブオイルが使われている
  • 魚介類が多い
  • くるみ ナッツ類が多い

オレイン酸、DHA、EPAが動脈硬化、高血圧の改善に効果有なのです。

no image
職業病、爪の上、第一関節の手前に腫れ、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑