白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。
65歳の5人に1人が認知症と言われ、最も多いのがアルツハイマー型認知症。
それに続き脳血管性認知症。

脳血管性認知症は、脳梗塞などで脳の太い血管に血栓、壊死し、認知機能低下を引き起こす。
脳梗塞や脳内出血、血管の老化に伴って起きる認知障害です。
加齢、喫煙も原因のひとつで、血管性認知症の急増が問題視されています。
一歩手前の血管の状態が徐々に解明されてきました。

それが脳の白質病変。ほおっておくと認知症

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法
白質病変とは脳の白いぽつぽつです。
脳の細い血管が硬くなり、自由に収縮しなくなり、その部分の細胞に水分が増えている。
脳の血管の細い血管が硬くなり血流が滞ったために起こる異変。
酸素が不足するため、周りの細胞が弱まり、水分が染み出る。

なぜ物忘れがでるのか?

神経細胞、神経線維が張り巡らされている。
細胞が弱まると、神経繊維の働きが低下。
情報が伝わりにくくなり、徐々に拡大。
認知症を発症してしまう。

だからこそ白質病変を初期段階で発見することが大切

特徴的な物忘れとは???

階段の場所がわからなくなる、地図が読めない。
できることが残っているのにこれはできない。
まだらにできない。

大きな特徴はまだら物忘れ症状

記憶力、判断力、計画力、空間認識力のうち、ある認知機能だけが低下。
まだら物忘れ症状。

  • まだら物忘れ
  • 2ちょっとした段差につまずく
  • 3食事の時に咳き込む

白質病変は50歳 60歳どんどん増える。
日本人7割ができる。
高血圧、血圧を下げるのが重要。

白質病変の進行をとめる方法

1日30分の散歩

血圧を下げるには 30分の散歩が効果的

地中海料理を食べる

ある地方の郷土料理、地中海、イタリア、ギリシャ、スペイン。
白質病変を予防するにはパスタ料理、シーフード、パエリア、ブイヤベースが効果的。

地中海料理の特徴3つ

  • オリーブオイルが使われている
  • 魚介類が多い
  • くるみ ナッツ類が多い

オレイン酸、DHA、EPAが動脈硬化、高血圧の改善に効果有なのです。

関連記事

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴、拘置所から出た後は?

警察管より、自殺するかもしれない、暴れて

記事を読む

no image

脳出血 脳卒中 後遺症 手指が硬く握ったまま麻痺突っ張った緊張を解く

脳卒中後遺症をボツリヌス毒素療法が浸透。

記事を読む

no image

若年性認知症かも?うつ病の薬で効果がない時

うつ病治療に効果がない時は認知症を視野に

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

認知症予防に算数、引き算しながら運動する

認知症の患者数 2002年 150万人

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑