妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

公開日: : 最終更新日:2015/07/01 脳神経外科、神経内科

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病気です。
救急車で運ばれた時、意識なかったが後遺症が残らなかった例です。
血栓を取り除いて押さえることができる。

ここまで血栓は取り除ける
九州医療センター 脳血管内科 臨床研究センター長 岡田靖
脳の血管治療に対する内科治療が専門
スピードある対応 急性期で血栓を取り除く。

脳梗塞とは、脳の血管に血栓が詰まる 血流がいかなくなる

酸素や栄養がいかなくなり、脳細胞が死ぬ、細胞は再生しない。後遺症が残る。

脳細胞が死んでしまう前に、t-PAという薬を脳に流して血栓を溶かして改善する。
ですが条件があります。

妻70歳が脳梗塞を発症、夕食中に突然倒れた
声かけても反応がない、迷いなくすぐ救急車を呼ぶ。
脳の太い血管が詰まっていた
夫は覚悟を迫られた、よければ植物人間、運がよければ車椅子生活だろうと。
息子と2人でええ!と驚いた。
t-PA治療開始から1時間後、血栓が解けて回復。
手足が自由に動くようになる。

太い血管がつまり、意識を失う。t-PA治療を行う。

T-PA発症3時間以内に治療開始が必要です。

3時間以上立つと血管がもろくなり、脳神経細胞も死んでしまって、脳出血を起こしてくる。
専門病院で1時間 検査と診断が必要、
患者は発症して2時間以内に病院に到着しないといけない。

救急車で脳卒中センターなどの救急病院にいかないと治療条件をクリアできない

脳梗塞患者の20%ぐらいしかクリアしない
患者家族が症状に気づかない、様子を見てしまう、
マイカーで近くの病院に行って、そこから専門病院に行ってしまう。

救急病院 脳卒中を扱う 24時間画像が取れて、設備がある条件があるんです。
救急隊が病院を把握していますので、迷わず119に電話してください。

T-PA治療の条件

日本では、発症を3時間以内
脳出血のリスクが低い
海外では、4.5時間以内までに伸びている

t-PA治療ができないケース

  • 脳出血、脳梗塞を経験
  • 脳梗塞範囲が広い
  • 最近手術をした
  • 出血しやすい体質
  • 血圧管理ができてない

脳にカテーテルで血栓を取る、血栓除去療法

t-PA治療が受けれない人は、直接血管の中から血栓を取り除く治療もある
マイクロカテーテル  ワイヤーくるくるで血栓を絡め取る
足の静脈から 脳まで進める
トレーニングが必要 専門医 できる病院は少ない
発症後、8時間以内までこの治療ができる。

重症の方を対象としている、死亡する場合もある。
早ければ早いほど有効率が高い。

顔 腕 言葉 救急車

症状のうちの一つが発症すれば70%が脳卒中である
顔がゆがむ、片腕が抜ける、舌がもつれてうまく話せない

見極め方のコツ
顔 口角が下がる イーと口角を横にすると動かない
両手の平を上にかざして上に伸ばす 麻痺している手が下がる
言葉 らりるれろ 発音 うまく話せない

関連記事

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

脳卒中の症状、救急車、早期発見、血栓を溶かす治療

脳梗塞の症状をご紹介します。 手が変だ

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

脳梗塞薬の効果高める治療法 新潟大

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑