車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

公開日: : 脳神経外科、神経内科

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?
50代主婦、くも膜下出血などの脳病気が気になる。突然なるから。
予防対策はできるのでしょうか?

くも膜下出血は脳の血管にこぶができ、脳動脈瘤の破裂して起こる。
脳内の血管が破れくもまくの内側で出血し強い頭痛、嘔吐、痙攣を伴う。

激しい頭痛に襲われたらどうする?

くも膜下出血の激しい頭痛に襲われたら、
運転中は安全な場所に移動、歩いてるとしゃがむのがよい。
自動車運転は交感神経たかぶって血圧が20~40上がる。
追い越しやスピードを出すだけでも血圧が上がる。
その短時間であがる血圧で破裂しやすい。

血圧は10年~20年かけて上がる

10年20年前から起こっている高血圧、血圧10~20年前から気をつける。
リスクが一番高いのは高血圧、三倍高くなるリスク。
コブにかかる圧力が高くなる。
高血圧は別名サイレントキラー、静かなる殺人者といわれているぐらいですから。

関連記事

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

正常圧水頭症のMRIの特徴

正常圧水頭症のMRIの特徴と脳脊髄液が前頭葉を圧迫

正常圧水頭症はみずあたまと書きます。漢字

記事を読む

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケー

記事を読む

no image

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツ

記事を読む

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

骨粗しょう症 2か所腰椎圧迫骨折

腰痛で怖い夢を見る病気はパーキンソン病だった

71歳腰が痛くて痛くて… 166cm 

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑