認知症予防に算数、引き算しながら運動する

公開日: : 脳神経外科、神経内科

認知症の患者数
2002年 150万人
2012年 300万人
2015年 470万人
高齢者の認知症が増えている。
75歳以上がどんどん増えることに伴って認知症が増える。
予防しようという意識にはなりにくい。なぜなら命に直接関わる状態ではないから。
徐々に症状がでるので予防するという意識が生まれにくい。

認知症原因は加齢

アルツハイマと脳卒中が背景にあって出現する問題。
アルツハイマは原因がわかってない。
根本的な治療がない。

だから予防が重要。
現在予防法でさまざまな生活習慣、運動は有益であることがわかってきた。
運動を続けた人としていない人 記憶能力に差がある。

脳卒中を予防する運動

はしごをあるく運動。
運動も効果がある、同時にふたつ例えば計算。
2つの作業を算数、引き算しながら同時に行いながら運動する。

踏み台昇降 右足から上り左足上る 右足下ろす 左下ろす 逆を行う
これに加えて計算をする。
例えば120から3づつ引いていく。
運動強度は、楽からややきついと思う程度でやってほしい。
時間は10分続けて欲しい週3回。
頭を使うと体が止まる、筋力トレーニングも認知症に有効だろうと。

国立長寿医療センターが推薦。
認知症予防運動+頭をつかう。
体の健康に効果。

関連記事

正常圧水頭症のMRIの特徴

正常圧水頭症のMRIの特徴と脳脊髄液が前頭葉を圧迫

正常圧水頭症はみずあたまと書きます。漢字

記事を読む

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳

記事を読む

no image

2時間で脳にステント。脳動脈瘤の新しい手術

脳動脈瘤は無症状なのが特徴。大きいと破裂

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

第二の認知症レビー型小体と幻視を消すコツと気付くポイント

第二の認知症、5人に1人がレビー小体型認

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑