認知症予防に算数、引き算しながら運動する

公開日: : 脳神経外科、神経内科

認知症の患者数
2002年 150万人
2012年 300万人
2015年 470万人
高齢者の認知症が増えている。
75歳以上がどんどん増えることに伴って認知症が増える。
予防しようという意識にはなりにくい。なぜなら命に直接関わる状態ではないから。
徐々に症状がでるので予防するという意識が生まれにくい。

認知症原因は加齢

アルツハイマと脳卒中が背景にあって出現する問題。
アルツハイマは原因がわかってない。
根本的な治療がない。

だから予防が重要。
現在予防法でさまざまな生活習慣、運動は有益であることがわかってきた。
運動を続けた人としていない人 記憶能力に差がある。

脳卒中を予防する運動

はしごをあるく運動。
運動も効果がある、同時にふたつ例えば計算。
2つの作業を算数、引き算しながら同時に行いながら運動する。

踏み台昇降 右足から上り左足上る 右足下ろす 左下ろす 逆を行う
これに加えて計算をする。
例えば120から3づつ引いていく。
運動強度は、楽からややきついと思う程度でやってほしい。
時間は10分続けて欲しい週3回。
頭を使うと体が止まる、筋力トレーニングも認知症に有効だろうと。

国立長寿医療センターが推薦。
認知症予防運動+頭をつかう。
体の健康に効果。

関連記事

no image

脳の栄養はブドウ糖=炭水化物、パスタが受験生に効く?

脳は糖質しか栄養分にならない。 炭水化

記事を読む

正常圧水頭症のMRIの特徴

正常圧水頭症のMRIの特徴と脳脊髄液が前頭葉を圧迫

正常圧水頭症はみずあたまと書きます。漢字

記事を読む

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難

記事を読む

no image

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケー

記事を読む

no image

脳卒中後遺症の頭痛に効く安い漢方薬、身体障害者手帳を取ろう

脳卒中とは、血管が詰まる、脳梗塞(脳血栓

記事を読む

no image

脳梗塞に急性期と維持期でのリハビリ。医療保険と介護保険

ではどういう方が脳梗塞になりやすい注意が

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image
卵巣がんI期であれば抗癌剤を省略

65歳の女性です。 健康診断で卵巣の腫れが見つかりMRIとCTで4.

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

→もっと見る

PAGE TOP ↑