認知症予防に算数、引き算しながら運動する

公開日: : 脳神経外科、神経内科

認知症の患者数
2002年 150万人
2012年 300万人
2015年 470万人
高齢者の認知症が増えている。
75歳以上がどんどん増えることに伴って認知症が増える。
予防しようという意識にはなりにくい。なぜなら命に直接関わる状態ではないから。
徐々に症状がでるので予防するという意識が生まれにくい。

認知症原因は加齢

アルツハイマと脳卒中が背景にあって出現する問題。
アルツハイマは原因がわかってない。
根本的な治療がない。

だから予防が重要。
現在予防法でさまざまな生活習慣、運動は有益であることがわかってきた。
運動を続けた人としていない人 記憶能力に差がある。

脳卒中を予防する運動

はしごをあるく運動。
運動も効果がある、同時にふたつ例えば計算。
2つの作業を算数、引き算しながら同時に行いながら運動する。

踏み台昇降 右足から上り左足上る 右足下ろす 左下ろす 逆を行う
これに加えて計算をする。
例えば120から3づつ引いていく。
運動強度は、楽からややきついと思う程度でやってほしい。
時間は10分続けて欲しい週3回。
頭を使うと体が止まる、筋力トレーニングも認知症に有効だろうと。

国立長寿医療センターが推薦。
認知症予防運動+頭をつかう。
体の健康に効果。

関連記事

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑