局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

公開日: : 脳神経外科、神経内科

体に負担のかからない新たな治療法の研究も進んでいる。
脳に電気刺激を与えて局所性ジストニアの症状を改善する方法の開発に、上智大学の古屋晋一准教授らの研究グループが世界で初めて成功。
4月アメリカの学術雑誌のオンライン版で先行公開された。
(上智大学は医学部を新設しようとしているみたいですね)

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

古屋准教授によると、健常者10人、ジストニア患者10人、計20人のピアニストに対し、演奏中に頭皮に電極を置き2ミリアンペアの電流を約20分間流した。
健常者には変化がなかったが、患者は全員症状が軽くなったという。
(繰り返し動作でジストニアが発症するらしいが、ピアニストに多いのが印象的)

ピアニストの智内さんは右手に発症

局所性ジストニアの症状が発症し意思に反して指を巻き込んでしまう。
ピアニストの智内威雄さんはドイツに留学中の平成13年、右手にジストニアを発症した。
親指が硬直して巻き込んでしまい、演奏中に加え、日常生活でも支障がでるようになった。
ATMのボタンが押せなかったり、頭を洗う時指が巻き込んでしまいこぶしで洗ってしまったり。

当初は投薬治療を受けたが体に合わずリハビリを受けた。
最初は症状が数時間続くこともあったがリハビリでどこの筋肉を緩めれば力がぬけるかわかってきた。

今は日常生活に支障はなく、左手だけで演奏する左手のピアニストとして活躍。
世界でもあまり知られていない左手だけの楽曲を紹介する演奏活動を行っている。

ほとんどの人は発症したら第一線で競い合うことは難しい。
演奏家は小さい頃から練習を重ね、演奏が本人の一部になっている。
演奏ができなくなるということは生きるすべを失うだけでなく、精神的な意味でも大変なことと話している。
ピアノだけに関わらず、同じ動作の繰り返しをする音楽家やスポーツ選手でも起こる病気。
人生をかけている人にとっては辛い病気ですね。

局所性ジストニアが受けられる病院リストはこちらから。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑