脳梗塞に急性期と維持期でのリハビリ。医療保険と介護保険

公開日: : 脳神経外科、神経内科

ではどういう方が脳梗塞になりやすい注意が必要なのか?
糖尿やコレステロールが血圧が高いなど脳梗塞を起こしやすいタイプがあります。

危険因子は、高血圧、糖尿病、脂質異常、肥満、たばこ、心房細動です。

この6つは動脈硬化の原因になる病気です。兆候があれば速めに気づくことが重要です。
日本には健康診断の制度があります。健康診断に危険因子を調べるものが入っていますので、病院に行く必要が無い人はそうした健康診断から情報を得るのも一つの方法です。

なぜ注意が必要?

動脈硬化が起こる。動脈が硬くなるだけではない。
動脈の内側 徐々に厚くなってくる、お粥みたいになってくる動脈の粥状硬化です。
動脈硬化は脳梗塞になる原因ですが、脳梗塞のような障害は実は全身に起こる。脳だけではないのです。
心臓に起こると、狭心症、心筋梗塞だし、足に起こると閉塞性動脈硬化症脳であれば脳卒中というわけです。
血圧が高い人の脳卒中の発症率を見ると、血圧8倍~9倍の確立が高くなります。

動脈硬化と糖尿病の関係について、
日本では2210万人 予備軍を合わせて、尿に糖がでると思われがちですが、病気の本体は血液の中にブドウ糖が多くなりすぎることです。
糖尿病とそうでない人の。5~3倍脳梗塞を起こしやすい。若い方55歳以下の場合、発症率が10倍以上高い。

喫煙の関係について、
肺がんだとか癌を起こしやすいをご存知だと思うが、高血圧や動脈硬化に寄与している。
吸っている方でも禁煙をすると2年ほどすると、危険が下がってくる。
アメリカの研究結果では5年吸わないと、吸ってない人と同じ危険が低下する。

生活習慣の改善が大事です。

4000万人が高血圧を持っているといわれてます。2人に1人は血圧が高い。
ですが、低い人でも脳卒中は起こります。
高血圧は発症の確立をあげると言うこと。
生活習慣病を改善するには、運動と食事が大事です。

食事で気をつけること
減量、塩分は1日6グラム以内で野菜や果物を多くとる。
野菜はカリウムが多く含むので体のナトリウムを外に出すのに役立ちます。

血圧が変動しやすい人が脳卒中になりやすいので急激な血圧変化に注意。
朝起きて、冷えている風呂やいきんだりする時など。
血圧の日内変動に注意。家庭で朝晩測定しましょう。

脳梗塞は再発の可能性が高い病気です

脳梗塞は再発を注意する病気で、1年以内に10人に1人、10年以内には2人に1人が再発します。
脳梗塞の予防 一生薬を飲みつづけるわけですが、脳梗塞の5人に1人は自分の判断で通院中止する人、4人に1人は自分で薬を中止している統計があります。
この自己判断も脳梗塞の再発が高い原因のひとつです。

脳卒中のリハビリ

当日~3日以内に始めるのが最近のリハビリです。
リハビリは寝ている分だけ悪くなります。体が硬くなるからです。
発症当日からリハビリを始める。
激しいリハビリではなく、間接を硬くしない、寝たままではなくて座位、腰掛けてが早期のリハビリの基本です。

急性期でリハビリ、この1ヶ月以内にはじめることが関節を硬くしないことに繋がります。
動かさないと関節が硬くなりますから。救急病院で行う関節可動域訓練や座るなど。 
回復期 6ヶ月以内 日常動作
維持期 6ヶ月以降

急性期にするでは維持期でのリハビリの動く度合いが違う。
維持期のリハビリテーションは自宅に帰ってから家で行います。
ずっと座ってたり、過剰に家族が手伝ったりしてあげると、リハビリになりません。 
通院リハビリ 医療保険
通所リハビリ 介護保険
訪問リハビリ 介護保険
などの保険制度を使っての在宅介護もありますよ。

関連記事

no image

くも膜下出血の発症の瞬間は吐くことが多い

くも膜下出血から生還した100人の証言。

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

脳梗塞薬の効果高める治療法 新潟大

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

アルツハイマーの初期の自覚症状と進行段階

アルツハイマーの進行段階 1.記憶障害

記事を読む

no image

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿

記事を読む

no image

食べすぎインスリンがアルツハイマー型認知症を進行させる

アルツハイマー型は、神経細胞が破壊され脳

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑