寝たきり脳梗塞=心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病

公開日: : 最終更新日:2014/11/08 脳神経外科、神経内科

脳梗塞の最善の対処法。
心臓にも原因あり、不整脈のひとつの心房細動です。
心房細動による脳梗塞は寝たきりになる原因になりやすい。
東京女子医科大学、主任教授内山先生。

心房細動で脳梗塞になる特徴

心房細動は増加傾向

高齢になるほど発症率が高くなる、日本でも高齢患者も増えている。
心房細動による脳梗塞も増加している。
65歳以上10人に1人は持っている。
実際には見逃されているのをあわせるとそれ以上。
脳梗塞を起こして入院の20~25%は心房細動が原因。

脳梗塞が重症になりやすい

動脈硬化による血栓は血小板の塊ですが、心臓でできる血栓はサイズが大きい。
脳に流れていく血管のより太い血管を詰まらせる。
血管でカバーする領域が広いので重症化し死亡率も高く寝たきりの可能性も高い。
いきなり詰まるので青天の霹靂。
バイパスが発達する暇もない全ての領域が脳梗塞になる。

心房細動は見逃されやすい

正常の心電図と絶対性不整脈。
心房細動には2つの種類がある。持続性、発作性、脳梗塞を起こす危険性は同じ。
発作性の場合は、発作の時以外は正常なので見逃されやすい。
ホルター心電図24時間で発見率が上がる。
それでも見つからないことがある。

自分で感じる自覚症状、発作性心房細動

気分が不快になる、めまいがする、無症状の人もいる。

心臓が原因、心原性脳塞栓症

心臓が振るえ 心臓の中の血液がよどむ よどむと固まりやすい血栓
左心房で作られて 左心室 頚動脈 脳に流れて 脳の血管を詰まらせる
不整脈のうち心房細動が危険な不整脈。

脳梗塞対策のポイント

心臓血栓を薬で予防する。
抗凝固薬を使う。(動脈硬化を防ぐ抗血小板薬とは違う薬です)

抗凝固薬の種類

ワルファリン、ダビガトラン、リバーロキサバン、アピキサバン

参考:心房細動抗凝固薬の新薬は食事制限はなしで血液検査もたまにでいい

ワルファリンは脳梗塞を3分の1減らせるが使いにくい。
毎回血液検査が必要で他の薬や食品が作用に影響(納豆、緑黄色野菜の制限)
非常に多くの薬が効果に影響。
脳出血を起こしやすい。

他の薬は管理が楽で脳出血の危険性が低い。
新薬なので薬価が高い。
参考:心房細動抗凝固薬の新薬は食事制限はなしで血液検査もたまにでいい

予防投薬が必要な心房細動

特に必要なのが心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病
心房細動によるTIA(一過性脳虚血発作)・脳梗塞を既に起こした方。

心房細動そのものの治療

治療は薬で減らすほかに、カテーテルアブレーションというのがあるが、
絶対に再発が起こらない可能性はないリスクは減らない。

心房細動は重大リスク。
見逃されやすいが脳梗塞の危険因子 重症化しやすい傾向もある予防が必要で抗凝固薬が必要。

関連記事

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

MRIとMRA3つのポイント

MRIとMRAのポイントは左右対称、白い斑点、血管に狭窄やこぶ

認知症のリスクを高める行動はため息だそう

記事を読む

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

正常圧水頭症のMRIの特徴

正常圧水頭症のMRIの特徴と脳脊髄液が前頭葉を圧迫

正常圧水頭症はみずあたまと書きます。漢字

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる

脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオー

記事を読む

no image

匂いと香りで認知症を治す方法、若返り

認知症は6倍、全国550万人。 アルツ

記事を読む

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑