TPAの投与と同時にプログラニュリンを注射

公開日: : 最終更新日:2015/05/11 脳神経外科、神経内科

脳梗塞薬の効果高める治療法

新潟大脳研究所のチームは、脳梗塞で詰まった血栓を溶かす薬剤「TPA」の効果を向上させ、副作用を抑える可能性がある治療法を開発したと評価した。
TPAの投与と同時にたんぱく質「プログラニュリン」を注射する。
ねずみを使った実験では脳梗塞が小さく押さえられ、TPAの副作用である脳出血や脳のむくみが大幅に軽減された。

脳梗塞に有力なTPA治療を効果的に行うには発症から4時間半以内にはじめなければならないが、このたんぱく質と併用すれば治療開始が遅れても患者の状態が改善される可能性もあるという。
現在の対処方法:脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

プログラニュリンは認知症発症の抑制や傷の治癒などに関係するたんぱく質で、人の体内でも作られる。
チームの下畑准教授神経内科は、近く臨床試験を開始し安全性を確認したいと話した。

ねずみ5~7匹ずつに人工的に脳梗塞を起こさせ、ねずみとしてはきわめて遅い4時間後にTPA治療を開始した。
同時に1匹300~370グラムの体重に対して0.1グラムの料のプラグラニュリンを注射したグループはそうでないグループと比べ、脳梗塞の大きさやむくみが3分の1程度、出血は10分の1程度近くまで抑えられた。

関連記事

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑