認知症のがん患者、せん妄の対応

公開日: : 最終更新日:2014/06/05 脳神経外科、神経内科

読売新聞出紹介されていた、広島県の福山市民病院でのせん妄の対応です。

せん妄の状態と原因

せん妄は認知機能が下がった状態で、一時的な興奮や幻視、無気力などの症状を伴う。高齢者に生じやすく、体調の悪さや睡眠薬、入院などの環境の変化が引き金になる。
多くは夜に悪化する。
認知症の入院患者の15%がせん妄を起こすという研究も有る。

原因になる体の問題を軽くできれば改善するが、やっかいなのはせん妄と認知症、術後のうつ病との区別がつきにくく、しばしば合併する。
誤った治療薬でせん妄が悪化したり、意思確認が難しいと適切ながん治療が控えられたりすることも有る。
一度せん妄を起こすと、入院が長期化し、再入院するケースも増える。
食事が不規則になり、回復が遅れる。
転倒事故を起こしてリハビリに時間がかかるなどの悪循環に陥ってしまう。

せん妄の状態と原因

糖尿病があるとせん妄予防に使う一般的な抗うつ薬セロクエルは血糖値を上げる副作用があり使えない。
過去、せん妄の一因であった睡眠薬の服用も避けたい。
一方で不眠に悩む男性の睡眠の質を上げる必要があり、睡眠導入剤効果のある抗うつ剤レスリンが処方された。
ここまで予防しても大腸がん手術後にせん妄が起きたのは体内の炎症がきっかけになったといわれる。
年を重ねるとせん妄のリスクはさらに高まる。

それでも患者は「病院全体で対応してもらっている。自宅で過ごすことに不安はありません」と言い切った。
表情は明るく、がんとも前向きに向き合えている。
せん妄を知ることで認知機能障害への対応力は確実に高まる。

在宅でうまく幻視と付き合うには

がん患者であっても今の時代、治る癌も多い。
治ると家に帰る。
以前テレビでもやっていましたが、幻視と本人と家族が上手に付き合う方法というのがありました。
第二の認知症レビー型小体と幻視を消すコツと気付くポイント

本人がせん妄になってしまったら、家族も介助する必要がある。
一生入院することもできないので在宅になる。せん妄、幻視を理解し生活することになる。
家族も自分ひとりで悩むのではなく、地域包括支援センターで相談しましょう。
介護支援や、デイサービスを利用するなど、軽減する制度もあります。

幻覚のほかの記事:パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

関連記事

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の

記事を読む

正常な部分はグレー、代謝が低い部分は、青緑黄赤で表現されます

PET検査で認知症に進む症例。海馬の萎縮度を数値化

認知症とは一度能力が備わった後記憶、判断

記事を読む

高齢者でも安心の超音波収束装置

なにもしていないのに手が震える?動かすと震える?

寒さ、緊張、恐怖、感動…なぜ震えるのか?

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿

記事を読む

パーキンソン病

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療に

記事を読む

no image

片頭痛でワインのポリフェノールは逆効果、脳梗塞25倍

片頭痛の放置で脳梗塞の危険性が25倍

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑