本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 脳神経外科、神経内科

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因不明の病気「本態性振戦」の治療に超音波収束装置を使う治験が行われている。
頭蓋骨を切開せず、外から超音波を脳の奥深くに集中照射して治療できる新しい治療法です。
これまで体への負担などから治療が難しかった患者も受けられる可能性がある。

本態性振戦の見分け方

年のせいと見過ごされがちな本態性振戦は医療機関で受診しない人が多く、病名もあまり知られていない。
特徴やスプーンや箸を使い辛い、文字がうまくかけない、宴席でお酌する時震える、緊張した時に声が震える、頭が震えるなど。
本態性振戦があるかどうかのチェックは、渦巻きの線を肘をつかずに内側から外側へなぞってみる。線から大きく外れる場合は要注意。
横に引いた平行線の間にもう一本線を引いた時、上下の線に当る場合も注意が必要。
ほかにも手が縦に震える人は本態性振戦の可能性がある。

パーキンソン病との見分け方

本態性振戦は手足が震える進行性の難病のパーキンソン病と間違えられることが多い。
パーキンソン病は何もしないときに震えるのに対し、本態性振戦は細かい動作で震えがおきる。
震えを病気と思わず病院に行かない人が多いが、パーキンソン病であれば早く治療を始めるほうがいい。

現在、本態性振戦の超音波治療している病院は新百合丘総合病院

治験では震えが改善され副作用もない。
脳の熱変性させてはいけない部分に超音波を当てると麻痺が出る。
この治療法では全身麻酔を使わないため、治療中に患者の反応を確認しながら安全な部分を絞り込むことができる。
改善していくのが治療中にわかる。
治療は約3時間で終わる。
費用は診断と治療で数十万円。

関連記事

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

脳卒中後遺症の頭痛に効く安い漢方薬、身体障害者手帳を取ろう

脳卒中とは、血管が詰まる、脳梗塞(脳血栓

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

パーキンソン病

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療に

記事を読む

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴、拘置所から出た後は?

警察管より、自殺するかもしれない、暴れて

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

車を運転中にくも膜下出血。追い越しやスピードで血圧が上がる

くも膜下出血など脳の病気の予防対策は?

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑