本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

公開日: : 最終更新日:2014/08/14 脳神経外科、神経内科

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因不明の病気「本態性振戦」の治療に超音波収束装置を使う治験が行われている。
頭蓋骨を切開せず、外から超音波を脳の奥深くに集中照射して治療できる新しい治療法です。
これまで体への負担などから治療が難しかった患者も受けられる可能性がある。

本態性振戦の見分け方

年のせいと見過ごされがちな本態性振戦は医療機関で受診しない人が多く、病名もあまり知られていない。
特徴やスプーンや箸を使い辛い、文字がうまくかけない、宴席でお酌する時震える、緊張した時に声が震える、頭が震えるなど。
本態性振戦があるかどうかのチェックは、渦巻きの線を肘をつかずに内側から外側へなぞってみる。線から大きく外れる場合は要注意。
横に引いた平行線の間にもう一本線を引いた時、上下の線に当る場合も注意が必要。
ほかにも手が縦に震える人は本態性振戦の可能性がある。

パーキンソン病との見分け方

本態性振戦は手足が震える進行性の難病のパーキンソン病と間違えられることが多い。
パーキンソン病は何もしないときに震えるのに対し、本態性振戦は細かい動作で震えがおきる。
震えを病気と思わず病院に行かない人が多いが、パーキンソン病であれば早く治療を始めるほうがいい。

現在、本態性振戦の超音波治療している病院は新百合丘総合病院

治験では震えが改善され副作用もない。
脳の熱変性させてはいけない部分に超音波を当てると麻痺が出る。
この治療法では全身麻酔を使わないため、治療中に患者の反応を確認しながら安全な部分を絞り込むことができる。
改善していくのが治療中にわかる。
治療は約3時間で終わる。
費用は診断と治療で数十万円。

関連記事

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴

保護室から出せる?万引きは認知症で不起訴、拘置所から出た後は?

警察管より、自殺するかもしれない、暴れて

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

筋緊張型頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

筋緊張型頭痛の例から。 65歳 肩こり

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

認知症のがん患者、せん妄の対応

読売新聞出紹介されていた、広島県の福山市

記事を読む

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

no image
減量でゼローダ単剤は副作用が少ない。仕事しながら化学療法

61歳の夫は3ヶ月前腹腔鏡下手術で大腸がん(横行結腸部)を切除しました

no image
突然死、AEDで胸毛あるとき抜いて電極を張るの?

不整脈とは脈拍が不規則になること 心臓は1分間60~100回一定

no image
熱中症 めまい たちくらみ 気分が悪い 筋肉がつる 頭痛 吐き気

熱中症は暑さで起こる体調不良のこと。 熱中症初期 めまい たちく

小葉+乳管=乳腺
乳癌入門、若い女性の乳がんを見つけるには?

乳癌になりやすい人 40代後半~50代がピーク 初潮が11歳以

→もっと見る

PAGE TOP ↑