アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

公開日: : 脳神経外科、神経内科

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく質がたまる。
神経細胞にとって毒でシナプスを攻撃する。
タウというたんぱく質が神経細胞が機能を失う。
記憶を作る細胞が障害を受けることによって3時間前の記憶を脳に維持できない。

理由はアミロイドβは短期記憶をつかさどる海馬から溜まるから

新しい記憶は忘れるのに古い記憶は残る。
アミロイドβは海馬に溜まり始める。
海馬が短期記憶を司る。
大脳皮質に住所などの古い情報が入っているから古いことを答えることができる。
新しい記憶=海馬、古い記憶=大脳皮質。

なぜ認知症患者は暴力的なのに元気なのか?

次にアミロイドβが溜まるのは脳の前側の部位。
脳の前側は人格、社会性、感情を司る部分。

脳幹には病変は来ない。
大脳の運動を司る、中心回の前後にはでない。
連合野には病変が来る。
心臓などは温存される。

記憶障害が出るまで20年ぐらいかかる。
50歳ぐらいから始まって、はじめの20年間は症状がないが、異常なたんぱく質が増え続けている状態。

日常生活でのチェック項目、2つで要注意

  • 仕事場から帰宅するまで時間がかかるようになった
  • 財布に小銭が増えた
  • 同じ質問を何度もする、短期記憶できない
  • 恋人もしくは好きな人の不倫を疑うことがある嫉妬妄想
  • 何かにつけて人のせいにすることが多くなった、喧嘩を売るような感じ

関連記事

no image

妻 脳梗塞 倒れた 救急車 3時間以内t-PA

脳梗塞は突然発症し寝たきりの原因になる病

記事を読む

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

no image

ALS、横隔膜ペースメーカーの植え込みで生存期間が延長

ALS横隔膜ページングとは、横隔膜に電気

記事を読む

no image

寝たきり脳梗塞=心房細動+心不全+高血圧+75歳以上+糖尿病

脳梗塞の最善の対処法。 心臓にも原因あ

記事を読む

no image

東京女子医科大学でロボット手術を脳神経外科で

元気が出る時間で取り上げられた下垂体腺腫

記事を読む

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難

記事を読む

no image

脳卒中と急性期、回復、維持の期間と廃用症候群

脳卒中のリハビリとポイントをテレビで見た

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

no image

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿

記事を読む

no image

アルツハイマー型認知症治療薬の種類

認知症診断の中でも最も比率の高いアルツハ

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑