点滴で震えが止まるパーキンソン病の治療

公開日: : 最終更新日:2015/01/10 脳神経外科、神経内科

手足が震えるなどの高齢者に多い進行性の難病、パーキンソン病の治療に、
抗酸化物質のグルタチオンを点滴で投与する「グルタチオン点滴療法」が静かに広がっている。
健康保険は適用されないので治療が自己負担の実費治療になるが根本的な治療法がない中で、震えをどうにかしたい患者の選択肢となっている。

約6割の点滴で震えが止まる

パーキンソン病は手足が震えたり動きが遅くなったりの症状がみられる。
症状が徐々に進行し、かつては寝たきりになると思われていた。
根本的な治療法は開発されておらず、症状を緩和する薬物療法などが取られている。

グルタチオン点滴療法は週2回点滴に通い、ふとももの震えが止まり、字も綺麗にかけるようになった。
ターンしたり走ったりできるようになり、重い荷物も持てます。
友達と泊りがけで神戸まで旅行もできましたと。

少ない副作用

グルタチオン点滴療法は、パーキンソン病患者の脳でグルタチオンが減少している点に着目した療法で、週1、2回点滴を行う。
グルタチオンは日本では肝臓病などの治療に使われるが、パーキンソン病治療薬としては健康保険が適用されておらずあまり知られていない。
自由診療のため料金は病院によって違い、1回8000円~20000円と差がある。

スピックサロンメディカルクリニック(神奈川県鎌倉市)の柳沢先生の研究会のアンケートによると、効果が出るのは約6割だそうです。
誰にでもすぐ効果が出るわけではないが、副作用が少ないので試す価値はある。と話す。
値段が1回8000円以上と高いのがネックですね。

関連記事

no image

食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

テレビを見ながらできる予防法 指を

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

no image

本態性振戦とパーキンソン病との見分け方と新しい治療法

高齢者に多い、手や頭、声などが震える原因

記事を読む

no image

初期の認知症は料理の味が変わる?趣味を辞めてしまう

認知症チェック なつかしの料理をリ

記事を読む

MRIとMRA3つのポイント

MRIとMRAのポイントは左右対称、白い斑点、血管に狭窄やこぶ

認知症のリスクを高める行動はため息だそう

記事を読む

お風呂に寝る二時間前にしっかりつかること

認知症と深部体温と睡眠の質について

寝る前に手が暖かくなるのは深部体温を落と

記事を読む

no image

頭痛が原因の病気と見分け方

頭痛に潜む大病のサイン。 頭痛が原因の

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑