食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 脳神経外科、神経内科

テレビを見ながらできる予防法

指を動かす 運動は脳の広範囲を活性化する。
一番領域を使っているのが親指、人差し指。
左右同時に同じ指を動かすだけでも脳を使う。

発症を抑える食べ物は、カレーのウコン。進行を抑える成分

βアミロイドパンパクの増加を抑えるウコン。
クルクミンが効果的といわれる。
インドは毎日食べているので、アルツハイマーの患者は少ない。
クルクミンは調味料として売っているので追加すればいい。

食材は、地中海料理、ガム、緑茶 ワイン 青魚、オメガ3。
オリーブオイル、オレイン酸、緑茶カテキン。

アルツハイマーの薬も開発中。
β蛋白がたまらないようにする、タウ蛋白質をストップさせるような薬。
20~30年後には使えるようになるかもしれれない。

なってからは遅いのがアルツハイマーの症状。
なってからは進行を遅くすることができるが、病院や施設に来る認知症患者はみんな認知症になってから時間が経った状態なのが悲しい所。

関連記事

no image

脳梗塞,動脈硬化,心房細動と再発予防する

脳梗塞きちんと治療。再発を予防する新薬が

記事を読む

no image

認知症のがん患者、せん妄の対応

読売新聞出紹介されていた、広島県の福山市

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

パーキンソン病

パーキンソン病の初期症状は体が重い、肩がこる、震え、歩行困難、北野病院

高齢者に多いパーキンソン病の特徴や治療に

記事を読む

no image

パーキンソン病幻覚の原因は血液中のたんぱく質

パーキンソン病、幻・錯覚の原因は… 脳

記事を読む

no image

局所性ジストニアに電気刺激で症状軽減

体に負担のかからない新たな治療法の研究も

記事を読む

no image

新型片頭痛はおじぎで酷くなる、薬ショッピングが原因

小学六年から片頭痛、母も同じだったから遺

記事を読む

no image

隠れ脳梗塞の症状は尿漏れ、尿失禁の他に物忘れやめまい

中高年6000万人が悩むトラブル。 尿

記事を読む

no image

認知症前の軽度認知障害予防法のまとめ

●ガスの元栓の締めたか忘れる ●昨日の

記事を読む

no image

慢性疲労症候群、脳の視床に炎症、薬で治るかも

原因不明の激しい疲労が半年以上も続く、慢

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑