食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 脳神経外科、神経内科

テレビを見ながらできる予防法

指を動かす 運動は脳の広範囲を活性化する。
一番領域を使っているのが親指、人差し指。
左右同時に同じ指を動かすだけでも脳を使う。

発症を抑える食べ物は、カレーのウコン。進行を抑える成分

βアミロイドパンパクの増加を抑えるウコン。
クルクミンが効果的といわれる。
インドは毎日食べているので、アルツハイマーの患者は少ない。
クルクミンは調味料として売っているので追加すればいい。

食材は、地中海料理、ガム、緑茶 ワイン 青魚、オメガ3。
オリーブオイル、オレイン酸、緑茶カテキン。

アルツハイマーの薬も開発中。
β蛋白がたまらないようにする、タウ蛋白質をストップさせるような薬。
20~30年後には使えるようになるかもしれれない。

なってからは遅いのがアルツハイマーの症状。
なってからは進行を遅くすることができるが、病院や施設に来る認知症患者はみんな認知症になってから時間が経った状態なのが悲しい所。

関連記事

no image

筋緊張型頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

筋緊張型頭痛の例から。 65歳 肩こり

記事を読む

no image

脳卒中後遺症の頭痛に効く安い漢方薬、身体障害者手帳を取ろう

脳卒中とは、血管が詰まる、脳梗塞(脳血栓

記事を読む

セカンドオピニオンはガンマナイフ

乳癌原発の骨転移の脳転移にガンマナイフ

2011年11月12日 さいたま市三愛病

記事を読む

アルツハイマー認知証の早期で4時間で効果と改善あるココナッツオイルオイル神経細胞

アルツハイマー病に4時間で効果と改善のココナッツオイル

アメリカでの研究結果、日本での例を見ると

記事を読む

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

舌が長いで隠れ脳梗塞?西村知美はいびきがすごかった!

西村知美44歳に隠れ脳梗塞が見つかった。

記事を読む

no image

2度目が怖い脳震盪の見分け方。くも膜下出血、硬膜外血腫について

脳震盪疑いでも即退場が、フィギュアスケー

記事を読む

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見

若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発

記事を読む

no image

アルツハイマー物忘れの特徴

65歳以上4人に1人が認知症予備軍。

記事を読む

レビー小体型認知症

第二の認知症レビー型小体と幻視を消すコツと気付くポイント

第二の認知症、5人に1人がレビー小体

記事を読む

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑