食べる、指を動かす、簡単なアルツハイマー予防

公開日: : 最終更新日:2014/05/24 脳神経外科、神経内科

テレビを見ながらできる予防法

指を動かす 運動は脳の広範囲を活性化する。
一番領域を使っているのが親指、人差し指。
左右同時に同じ指を動かすだけでも脳を使う。

発症を抑える食べ物は、カレーのウコン。進行を抑える成分

βアミロイドパンパクの増加を抑えるウコン。
クルクミンが効果的といわれる。
インドは毎日食べているので、アルツハイマーの患者は少ない。
クルクミンは調味料として売っているので追加すればいい。

食材は、地中海料理、ガム、緑茶 ワイン 青魚、オメガ3。
オリーブオイル、オレイン酸、緑茶カテキン。

アルツハイマーの薬も開発中。
β蛋白がたまらないようにする、タウ蛋白質をストップさせるような薬。
20~30年後には使えるようになるかもしれれない。

なってからは遅いのがアルツハイマーの症状。
なってからは進行を遅くすることができるが、病院や施設に来る認知症患者はみんな認知症になってから時間が経った状態なのが悲しい所。

関連記事

no image

片頭痛に効く安い漢方薬を薬局で買う

32歳女性、こめかみ痛い、吐き気を伴う頭

記事を読む

no image

局所性ジストニアが受けられる病院リスト

手指や唇などが思い通りに動かなくなる脳神

記事を読む

no image

認知症予防に高血圧の薬

高血圧 薬を味方に 国立循環器病研究セン

記事を読む

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合

脳梗塞でt-PAでも溶けない場合はカテーテルのペナンブラ

脳梗塞を回避する方法が健康カプセル元気の

記事を読む

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

アクトファスト、脳梗塞のチェック方法Act-FAST

脳梗塞のチェック方法Act-FASTとい

記事を読む

no image

アルツハイマー認知症が短期記憶できない理由

脳の神経細胞のアミロイドβというたんぱく

記事を読む

no image

認知症のがん患者、せん妄の対応

読売新聞出紹介されていた、広島県の福山市

記事を読む

no image

認知症が進行したときのケア、困った例

認知症の方の作品でペペの散歩というのがあ

記事を読む

no image

食べすぎインスリンがアルツハイマー型認知症を進行させる

アルツハイマー型は、神経細胞が破壊され脳

記事を読む

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

白質病変の特徴、まだら物忘れ、進行をとめる方法

高速道路の逆走12%が認知症。 65歳

記事を読む

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑