頭痛が原因の病気と見分け方

公開日: : 最終更新日:2014/04/01 脳神経外科、神経内科

頭痛に潜む大病のサイン。
頭痛が原因の病気をご紹介します。
虎ノ門病院脳神経外科原先生。

1次性頭痛

脳や身体には問題がないのに起こる頭痛の代表は片頭痛、
緊張型頭痛、筋肉のコリやストレスが原因で頭全体を締め付けるような痛み
群発頭痛、季節の変わり目に起こる、時には耐えられない痛みも。

2次性頭痛

脳や脳の血管に原因が隠れている
いつもの頭痛とどう違うのか?

くも膜下出血の頭痛の例

冬の寒い朝、清掃の仕事60代男性 突然気分が悪くなり頭痛めまいでそのまま倒れた。
通行人が救急車を呼び、夕方には緊急手術。
結果くも膜下出血。
3分の1が死亡、3分の1に障害が残る、くも膜下出血。
頭蓋骨、硬膜、くも膜、軟膜、柔らかい脳を守る膜の一つ。
くも膜の下には動脈が通っており、コブが破裂して出血してしまう病気。
MRIで脳内に出血し白い像になって写る。
バットで後頭部を殴られたような激しい痛み。
軽い頭痛を伴って発症するケースも時々いる。出血の量が少ない。
頭痛だけじゃなく嘔吐、血圧が瞬間的に上がる。
NHKのドクターGの回答くも膜下出血の記事

椎骨動脈乖離の頭痛の例

左後頭部、耳の裏側が痛み出した。脈を打つドクドクという感じ。
風邪を引いた時の痛みに似ていた。
痛みで夜も眠れなくなり、市販の頭痛薬を飲み続けました。
1週間我慢してしまった。
1週間頭痛が続いて、MRI検査、椎骨動脈乖離、脳動脈乖離といいますけれど、
脳の血管が剥がれて痛みを出す。
脳動脈の壁は、外膜中膜内膜3層あり、内膜に亀裂が生じ、血管壁に入り込んだ状態。
脳血管MRI、脳の広報に血管を循環させる2本の動脈、1本途切れていて乖離が起きていた。
成人10人に1人乖離を起こしている形跡があると報告されている。
なんとなく痛いよりも痛い!段々酷くなる。
片側の後頭部にはっきりとした痛みと徐々に痛みが増してくる。

脳腫瘍の頭痛の例

半年ぐらい前から頭痛、朝から頭痛や頭が熱い。
ヒエピタを張っていたが肩こりや物忘れも激しくなった。
更年期障害かなと思った。趣味のゴルフに没頭。
衝撃的な頭痛、プールで頭をけられたようなショック。
脳腫瘍、頭蓋骨の中にできる腫瘍、脳内の圧力が高まり頭痛や嘔吐が起こる。
6cm大の腫瘍ができていた。
朝から頭痛が徐々に進行、神経症状、麻痺、呂律困難、記憶障害。
出きる場所と大きくなるスピード、5~6センチまで気づかない人もいる。

脳卒中

●脳の血管が詰まる 脳梗塞
●脳の血管が破れる 脳出血、くも膜下出血
などの総称

脳卒中の原因として多いのは高血圧。
慢性的に血圧が高いと動脈硬化がおき脳梗塞、
血圧が高くなり血管が膨らんで動脈瘤ができ、血管が破裂してくも膜下出血につながる。
脳梗塞は前兆として頭痛ではなく、麻痺呂律神経症状を伴う。

脳卒中が疑われる場合の緊急対応

安全な場所で横向きに寝かせ、麻痺がある場合は麻痺のある側を上する。
脳卒中が疑われる場合、吐しゃ物が喉に詰まって窒息しないように横に寝かせる。
ネクタイやベルトなど身体を締め付けるものははずし、血圧が上がらないようにする。

二次性頭痛に潜む意外な病

会社の役員、いつのころか片側の後頭部が痛み出す。
割れるような頭痛が24時間で病院へ。
皮膚科と頭痛の関係、病名は帯状疱疹だった。

帯状疱疹による頭痛

帯状疱疹は赤い斑点、水ぶくれが身体の片側に帯状に現れさすような痛みが伴う。
おでこなど東部にできると頭痛が生じる。
5日水ぶくれができる、湿疹が後から出きる。
水疱瘡のウイルスの病気で子供の頃かかって、ウイルスがわずかに残っている。
ストレスや過労を引き金として活動を開始すると帯状疱疹になる。
二次性頭痛の原因は200種類以上有る。

緑内障による頭痛

こめかみから後頭部に掛けて頭痛。
目がつかれてかすむ、吐き気や嘔吐、病名は急性緑内障。
眼圧が急激に上がり視神経に圧力がかかって頭痛が生じる。

睡眠時無呼吸症候群による朝方の頭痛

強烈ないびき、朝方の頭痛と疲労感は睡眠時無呼吸症候群。
脳の酸素が不足したり二酸化炭素がたまり、脳の血管が収縮緊張して頭痛を起こすことがある。

普通の頭痛と2次性頭痛の見分け方

1全身症状(頭痛以外に発熱 疲労感)
2神経症状ろれつが回らない記憶障害
3突発性の頭痛
4高齢になってからの頭痛40代以降
5頭痛のパターン変化(徐々に痛む、継続的)

関連記事

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑