「 腎臓内科 」 一覧

生活習慣病は、日ごろの不摂生のたまもの。初期は生活習慣の改善で治る。中には遺伝性のものある。特に腎臓内科の透析の患者さんや、腎臓病など、生活習慣病、高血圧、糖尿などを合わせて記載しています。

糖尿病性腎症と誤診も。IgG関連疾患は原因不明

2016/05/06 | 腎臓内科

IgG関連疾患は、目や顎の腫れや、蛋白尿もなく、自覚症状がないまま進行する腎臓の病気。 タンパク尿がほとんど出ないため発見が難しい。 無症状で腎臓がむしばまれ、数か月から1年で腎機能が急激に低

続きを見る

早期インシュリン注射の導入で膵臓は回復するらしい

症状を出さない重大疾患の病気の代表が糖尿病。 何もいわず、苦痛を訴えることなく衰えていく臓器が膵臓です。 気付いたときには取り返しの付かない手遅れになっているのです。 兵庫県尼崎市 糖尿病専門 

続きを見る

腹膜透析は毎日できる、体調の改善、薬の減量、食事制限の緩和

2015/10/22 | 腎臓内科

今日の健康の慢性腎臓病、 透析治療最新情報を見ました。 腎臓病が進行すると、人工的に腎臓の役割をしてくれる透析機械を使って、血をきれいにしなくてはなりません。聖マリアンナ医科大学 教授 腎臓病

続きを見る

腎臓がんの手術、治療法、転移、病院を探す

2015/09/28 | 腎臓内科

腎臓がんの最新治療 腎臓は体の左右に1つづつあって、腰のやや上、背中側にあって、大きさは握りこぶし程度。 血液をろ過して尿を作ったり、血圧を調節したり 体を作っている細胞の環境を整える働き。

続きを見る

井戸水で透析する時は結合塩素に注意

2015/07/23 | 腎臓内科

病院では井戸水の利用が進んでいる。 水道水代の削減と災害に備えた断水時の設備。 結合塩素は透析患者の溶血性貧血に影響 地下水を利用する場合塩素処理する過程がある。 地下水にはアンモニア

続きを見る

リンが高いほうが長生き?ストレスが影響

2015/06/07 | 腎臓内科

人工透析を受ける透析患者でカルシウムとリンの統計を取ったとき、リンが高いほうが長生きというデータが出たという。 80歳で透析を受けて体重が80キロの人もいる。 好きなように生きて好きなものを食

続きを見る

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性

2015/04/04 | 腎臓内科

尿の色が赤い 腎臓の粒子が多きいい血球はフィルターを通さない。 フィルターの機能が低下すると血球がフィルターを通過し、色が変わる。 尿にきめ細かい泡がたつ 尿が泡立つ。女性でも尿が

続きを見る

腎臓が大きくなるスピードを遅くする薬はサムスカ錠

2014/07/18 | 腎臓内科

多発性のう胞腎(ADPKD)の初治療薬はサムスカ錠(一般名・トルバプタン)。 大塚製薬が開発したものだがもともとは心不全の治療薬錠剤の利尿剤)だった。 しかし、ADPKDにも効果があることがわかり

続きを見る

多発性のう胞腎の主な症状

2014/07/17 | 腎臓内科

多発性のう胞腎は腎臓にのう胞(水が詰まった袋)が無数にでき、少しずつ大きくなることで腎臓の機能が低下する難病。 「常染色体優性多発性のう胞腎(ADPKD)」の治療薬が世界で始めて承認された。 根治

続きを見る

糖尿病患者は子育てを終えた主婦、酢がいい

2014/06/16 | 腎臓内科

日本人5人に1人が糖尿病予備軍。 糖尿病は血液中の糖分濃度が上昇で失明や足などの壊死につながる病気。 糖尿病1型 原因不明の遺伝など。 糖尿病2型 日本人96%生活習慣病。 テレビに登場す

続きを見る

赤いポツポツの中心のかさぶたの上に白い物は糖尿病

2014/04/12 | 腎臓内科

赤いポツポツ。湿疹アレルギーが多い。 背中やお腹、あらゆるところにポツポツの中心にかさぶた上の白い物ができる。 赤いぽつぽつは皮膚科専門医でも区別がつきにくい。 なかなか治らないものがあって、潜

続きを見る

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

→もっと見る

PAGE TOP ↑