糖尿病性腎症と誤診も。IgG関連疾患は原因不明

公開日: : 腎臓内科

IgG関連疾患は、目や顎の腫れや、蛋白尿もなく、自覚症状がないまま進行する腎臓の病気。

タンパク尿がほとんど出ないため発見が難しい。
無症状で腎臓がむしばまれ、数か月から1年で腎機能が急激に低下。
人工透析をせざるをえない患者もいる。

画像検査で見えるのは腎臓のこぶ。
血液中のIgG4の値が1470ミリグラム/デシと高く腎臓の組織を調べた結果、IgG関連疾患と診断された。

ステロイドの服用で腎臓と神増の病変は改善する。

IgG関連疾患の患者の多くは中年。
糖尿病もある人が多い。
腎機能の低下を指摘されても糖尿病性腎症と誤診される場合もある。

原因不明で腎機能が低下したならば、
血液検査でIgGの値を測定してIgG関連疾患がないかチェックしてほしい。

腎臓の機能はeGFRで簡単にわかる

関連記事

no image

学校の健康診断、小学生4~5年生が尿糖で中学生で糖尿病

糖尿病で急増しているのは子供です。 発

記事を読む

no image

腎臓がんの手術、治療法、転移、病院を探す

腎臓がんの最新治療 腎臓は体の左右

記事を読む

no image

糖尿病患者は子育てを終えた主婦、酢がいい

日本人5人に1人が糖尿病予備軍。 糖尿

記事を読む

no image

歯周病で高血糖 糖尿病、歯茎の深さでHbA1cの変化と動脈硬化

口臭から心臓病まで歯のトラブルバスターズ

記事を読む

no image

早期インシュリン注射の導入で膵臓は回復するらしい

症状を出さない重大疾患の病気の代表が糖尿

記事を読む

no image

下の血圧が低くなる恐ろしい原因とは?

上の血圧、心臓が収縮した時の血管の圧力。

記事を読む

no image

多発性のう胞腎の主な症状

多発性のう胞腎は腎臓にのう胞(水が詰まっ

記事を読む

no image

血圧が高いとダメな理由、症状はない

なぞなそ、気温が下がると上がるものは?血

記事を読む

no image

赤いポツポツの中心のかさぶたの上に白い物は糖尿病

赤いポツポツ。湿疹アレルギーが多い。

記事を読む

no image

リンが高いほうが長生き?ストレスが影響

人工透析を受ける透析患者でカルシウムとリ

記事を読む

no image
減点されにくい病名の付け方

国家資格を持っている医師は診療点数など考えずに治療する。 検査して病

no image
全摘と温存の一番の違いは残っている乳腺の量

44歳女性です。 非浸潤乳がんと診断されて手術予定ですが、全摘か温存

no image
GISTという病気の治療法は手術。腸間膜、大網、腹膜、胸膜からも発生する

68歳の女性です。 左卵巣に10センチの腫瘍ができ、7ヶ月前に左右卵

no image
LPS 認知症の原因物質を減らす方法はハチミツと歯磨き

LPSは強い口臭(生ごみ臭)が特徴の認知症の原因。 口腔内の悪玉菌。

コリン性じんましん
体温の上昇で汗をかかない場所が痛い病気はコリン性じんましん

武の健康の医学より、こんな病気が紹介されていました。 主婦48歳、パ

→もっと見る

PAGE TOP ↑