糖尿病性腎症と誤診も。IgG関連疾患は原因不明

公開日: : 腎臓内科

IgG関連疾患は、目や顎の腫れや、蛋白尿もなく、自覚症状がないまま進行する腎臓の病気。

タンパク尿がほとんど出ないため発見が難しい。
無症状で腎臓がむしばまれ、数か月から1年で腎機能が急激に低下。
人工透析をせざるをえない患者もいる。

画像検査で見えるのは腎臓のこぶ。
血液中のIgG4の値が1470ミリグラム/デシと高く腎臓の組織を調べた結果、IgG関連疾患と診断された。

ステロイドの服用で腎臓と神増の病変は改善する。

IgG関連疾患の患者の多くは中年。
糖尿病もある人が多い。
腎機能の低下を指摘されても糖尿病性腎症と誤診される場合もある。

原因不明で腎機能が低下したならば、
血液検査でIgGの値を測定してIgG関連疾患がないかチェックしてほしい。

腎臓の機能はeGFRで簡単にわかる

no image
色でわかる目の下のクマの対処法。青い?茶色い?黒い?

色でわかる目の下のクマをタイプ別で対処しよう。 クマ=隈とは、「陰・

棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる
棒で頬骨を押すとほうれい線が薄くなる

林先生の番組でやってました。 頬骨をマッサージすると周辺の筋力が

結核はレントゲン画像に5円玉の空洞病が特徴
結核の発病と診断、検査と治療、発病予防対策

結核菌保有人数は推定2000万人。 感染した人1割が発病すると考えら

認知機能の軽度障害の特徴
統合失調症の女子高生JK16歳の症状とは?

統合失調症は精神疾患の一つです。陰性と陽性の症状があります。 陽

no image
卵巣がん1年未満の多発転移では抗がん剤治療も効果なく手術も困難

48歳の女性です。 1年前卵巣がんステージ4と診断されました。 肝

→もっと見る

PAGE TOP ↑