尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性

公開日: : 最終更新日:2015/04/04 腎臓内科

尿の色が赤い

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
腎臓の粒子が多きいい血球はフィルターを通さない。
フィルターの機能が低下すると血球がフィルターを通過し、色が変わる。

尿にきめ細かい泡がたつ

尿が泡立つ。女性でも尿が泡立つことがある。
きめ細かい泡が危ない。
血尿が出るのと同じメカニズム。
腎臓のフィルター機能が低下すると、たんぱく質が出る。
蛋白尿が出るということは腎臓のフィルター機能が低下して尿に漏れ出した。

尿の回数が10回以上に増えた

最近トイレの回数が増えた?
腎臓の機能に関係している。

人工透析器 筒の部分が腎臓の役割


腎不全患者の人工透析と兵庫県尼崎市の取り組み
糸球体は毛糸玉のように丸まった毛細血管。
血液が流れると、粒子が大きい血球やたんぱく質はそのままで、粒子が小さい老廃物や不要な水分が排出、血液をろ過して尿を作る。

腎臓は血液から毒素をろ過して尿に捨てている。
尿を濃くする濃縮する力がある。
働きが悪くなると濃縮力が低下して尿の回数が増える。
1日に1500リットルから1.5リットルの尿を作っている。

糸球体で血液をろ過して尿の基を作る。
尿細管で必要な成分を再吸収することで尿を濃縮。
1500リットルの血液が1.5リットルの尿になる。
腎臓が病気になると濃縮する力が落ちて薄い尿が出来て尿の回数が増える。

健康な人は1日1~1.5リットル 回数5回

それより多すぎると腎臓の機能が低下している恐れがある。
気にかける必要があるのは10回以上トイレに行くと注意。
寝ているときに4~5回トイレに行くと慢性腎不全の可能性がある。
腎臓の機能の低下は尿に現れやすい。

人工透析は正常に機能しなくなった腎臓の変わりに血液の老廃物や毒素をろ過する。
週に3回は病院に通い、1日4~5時間透析しなければならない。

多発性のう胞腎の主な症状
塩分と水がたまり体重が増えた腎臓病の悪化
腹膜透析6年で限界、腹膜炎、在宅透析へ。

関連記事

no image

持つかがむ腹部圧迫で高血圧、頭痛動悸は褐色細胞種

血圧の上昇で脈拍が早くなるのは40歳以上

記事を読む

no image

井戸水で透析する時は結合塩素に注意

病院では井戸水の利用が進んでいる。 水

記事を読む

no image

多発性のう胞腎の主な症状

多発性のう胞腎は腎臓にのう胞(水が詰まっ

記事を読む

no image

足をつる方法、つり原因冷え脱水のどの渇き水を飲む

なぜ足はつるの? 足のつりの原因、

記事を読む

no image

腹膜透析は毎日できる、体調の改善、薬の減量、食事制限の緩和

今日の健康の慢性腎臓病、 透析治療最新

記事を読む

no image

早期インシュリン注射の導入で膵臓は回復するらしい

症状を出さない重大疾患の病気の代表が糖尿

記事を読む

no image

腎臓がんの手術、治療法、転移、病院を探す

腎臓がんの最新治療 腎臓は体の左右

記事を読む

no image

月1回しか通院しなくていい透析、ハイブリッド透析

大分市の78歳男性は現在2種類の透析治療

記事を読む

no image

糖尿病患者は子育てを終えた主婦、酢がいい

日本人5人に1人が糖尿病予備軍。 糖尿

記事を読む

no image

糖尿病学会でも目標値HbA1c8%未満,低血糖と未治療

糖尿病暦10年以上で治療無し。糖尿病放置

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑