尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性

公開日: : 最終更新日:2015/04/04 腎臓内科

尿の色が赤い

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
腎臓の粒子が多きいい血球はフィルターを通さない。
フィルターの機能が低下すると血球がフィルターを通過し、色が変わる。

尿にきめ細かい泡がたつ

尿が泡立つ。女性でも尿が泡立つことがある。
きめ細かい泡が危ない。
血尿が出るのと同じメカニズム。
腎臓のフィルター機能が低下すると、たんぱく質が出る。
蛋白尿が出るということは腎臓のフィルター機能が低下して尿に漏れ出した。

尿の回数が10回以上に増えた

最近トイレの回数が増えた?
腎臓の機能に関係している。

人工透析器 筒の部分が腎臓の役割


腎不全患者の人工透析と兵庫県尼崎市の取り組み
糸球体は毛糸玉のように丸まった毛細血管。
血液が流れると、粒子が大きい血球やたんぱく質はそのままで、粒子が小さい老廃物や不要な水分が排出、血液をろ過して尿を作る。

腎臓は血液から毒素をろ過して尿に捨てている。
尿を濃くする濃縮する力がある。
働きが悪くなると濃縮力が低下して尿の回数が増える。
1日に1500リットルから1.5リットルの尿を作っている。

糸球体で血液をろ過して尿の基を作る。
尿細管で必要な成分を再吸収することで尿を濃縮。
1500リットルの血液が1.5リットルの尿になる。
腎臓が病気になると濃縮する力が落ちて薄い尿が出来て尿の回数が増える。

健康な人は1日1~1.5リットル 回数5回

それより多すぎると腎臓の機能が低下している恐れがある。
気にかける必要があるのは10回以上トイレに行くと注意。
寝ているときに4~5回トイレに行くと慢性腎不全の可能性がある。
腎臓の機能の低下は尿に現れやすい。

人工透析は正常に機能しなくなった腎臓の変わりに血液の老廃物や毒素をろ過する。
週に3回は病院に通い、1日4~5時間透析しなければならない。

多発性のう胞腎の主な症状
塩分と水がたまり体重が増えた腎臓病の悪化
腹膜透析6年で限界、腹膜炎、在宅透析へ。

関連記事

no image

歯周病で高血糖 糖尿病、歯茎の深さでHbA1cの変化と動脈硬化

口臭から心臓病まで歯のトラブルバスターズ

記事を読む

no image

血圧が高いとダメな理由、症状はない

なぞなそ、気温が下がると上がるものは?血

記事を読む

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です

早期インシュリン注射の導入で膵臓は回復するらしい

症状を出さない重大疾患の病気の代表が糖尿

記事を読む

no image

井戸水で透析する時は結合塩素に注意

病院では井戸水の利用が進んでいる。 水

記事を読む

no image

腹膜透析は毎日できる、体調の改善、薬の減量、食事制限の緩和

今日の健康の慢性腎臓病、 透析治療最新

記事を読む

no image

糖尿病性腎症と誤診も。IgG関連疾患は原因不明

IgG関連疾患は、目や顎の腫れや、蛋白尿

記事を読む

no image

赤いポツポツの中心のかさぶたの上に白い物は糖尿病

赤いポツポツ。湿疹アレルギーが多い。

記事を読む

no image

下の血圧が低くなる恐ろしい原因とは?

上の血圧、心臓が収縮した時の血管の圧力。

記事を読む

no image

持つかがむ腹部圧迫で高血圧、頭痛動悸は褐色細胞種

血圧の上昇で脈拍が早くなるのは40歳以上

記事を読む

たんぱく質の過剰摂取は腎臓の糸球体に負荷をかけ

CKD慢性腎臓病はたんぱく質制限で低栄養リスク

CKD慢性腎臓病の患者が一番不安に思うの

記事を読む

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑