赤いポツポツの中心のかさぶたの上に白い物は糖尿病

公開日: : 腎臓内科

赤いポツポツ。湿疹アレルギーが多い。
背中やお腹、あらゆるところにポツポツの中心にかさぶた上の白い物ができる。
赤いぽつぽつは皮膚科専門医でも区別がつきにくい。
なかなか治らないものがあって、潜在患者2000万人の疾患の皮膚症状です。

こんな皮膚症状ありませんか?

腕にあかいポツポツ。
お尻にあかいポツポツ。
ダニに噛まれた後?
最近、喉がよく乾く 。
ちょっと動いただけで疲れる。

初期症状がない糖尿病、3割が皮膚症状の前触れ

血液検査の結果、血糖値が高い、糖尿病だった。
血液中の糖分をエネルギーに変えるインスリンの働きが低下。
推定患者数2000万人以上、
高カロリー食の食べすぎや運動不足による肥満。
心筋梗塞、脳梗塞など命に関わる病気。
糖尿病の初期段階では症状が出ないこと。
糖尿病の3割が皮膚症状がでると言われている。

糖尿病で赤いポツポツのメカニズム

皮膚の近くの毛細血管、ブドウ糖が血管の壁に結合、血流が悪くなる。
皮膚の細胞が酸素不足で皮膚のコラーゲンが壊死。
そのけっか 皮膚の上のちょっとした刺激でも炎症が起こり 赤いポツポツができてしまう
お腹に出来た、腕に出来た、スカートのゴムの締め付け、割烹着のゴムの締め付け。
お尻にできたのは椅子に座ることで、こすれて炎症。

糖尿病になると毛細血管が初めにやられる。
一番毛細血管が多いのが皮膚。
他の症状より先にでやすい。

一度消えた理由、ダイエットにあった

糖尿病によってできる赤いぽつぽつは血糖値が改善すれば、毛細血管の血流が良くなり消える。
ダイエットをやめて挫折した結果、また現れた。
血糖値が危険なレベルに挙がった証拠。
かゆみをともなう治りづらい赤いポツポツ。

皮膚症状セルフチェック

血糖が高くなれば糖尿病予備軍でも出る。
空腹時は正常でも、食後血糖値が2~3倍だと隠れ糖尿病。
皮膚チェックでセルフチェックで2つの特徴的な皮膚症状がある。

くろずみ 足のすね すねの前がわ

1~2cm 茶色のしみ 5~6個以上 10円玉台。
2~3つでは異常はない。

加齢のしみとの見分け方は、日光に当たりやすい顔や手にできることが多い。
数が特徴でスネに6個以上あれば疑う。

ぽつぽつ 手首 肘 関節周囲

手首 肘 関節周囲の1cm前後の大きさで、
盛り上がった中心がへこんでいる。硬さがある。

皮膚症状で見つければ太い血管に行く前に見つけられる。
早い時期に皮膚科で見てもらうのも良いです。
そのまま糖尿病に詳しい先生に診てもらうのもいいですね。
ただ、皮膚の場合、悪性メラノーマ、皮膚癌の診断は皮膚科医でないとできません。

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑