早期インシュリン注射の導入で膵臓は回復するらしい

公開日: : 最終更新日:2015/12/14 腎臓内科

症状を出さない重大疾患の病気の代表が糖尿病。
何もいわず、苦痛を訴えることなく衰えていく臓器が膵臓です。
気付いたときには取り返しの付かない手遅れになっているのです。
兵庫県尼崎市 糖尿病専門 池田病院 池田弘毅

HbA1cが6.2以上だと糖尿病と疑われる数値です。ですから
これを大幅に上回る検査結果がわかった場合、糖尿病の教育入院などを経験するわけですが、糖尿病の専門病院では、いきなりインスリン注射を行うと言うのが夕刊フジにのってました。
膵臓の負担をさげて回復を促す治療のようです。

インスリン注射で膵臓を休める

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です。
インスリン注射の導入は最後の手段だと思われがちですが、
医師の説明では、糖尿病の早期でインスリンを使うことで膵臓の機能回復を助け、いずれはインスリンを使わなくてもイイケースもあるとの事です。

インスリンは一度うちはじめたら死ぬまで打ち続ける治療だと思い込んでいたのでびっくりしました。
この早期インスリン注射は、食事療法、運動療法を続けてHbA1cの値を見て、止めることが目的のようです。

糖尿病は知らずに放置すると、糖尿病壊疽や網膜症失明、動脈硬化から命を落とす危険性もある病気なので、早期治療は注目されますね。

糖尿病に注意する必要があるのは若い頃激しいスポーツをしていた人

学生時代と比べて運動量が減っているのに食べる量は減りにくく、肥満になりやすい環境が整います。
糖尿病は自覚症状がないこともあり、しらないまま病気になっているケースもあります。

高血糖による悪循環を打ち切るために、高血糖状態が持続しているとわかったらまずは疲弊している膵臓の機能を回復させる必要があります。
そのために早期にインスリンを導入してすい臓を休ませることが大事。

さらに適切な薬物療法を組み合わせて状態は好転し、
体重が減ればそれだけすい臓の負担も減り、改善をみこめるというものです。
インスリンの注射治療は最後の手段ではなく、
早期発見、早期治療の過程の治療に使えるとわかる記事でしたね。

突発性湿疹は生後6か月~1歳半くらいの子供がかかる
発熱で0~3か月は緊急。生後一カ月未満はすぐ病院に行った方がいい

生後一カ月未満の発熱は緊急度が高い。 すぐ病院に行った方がいい。

腎臓を立位で触診する
女性の痩せる痛み方が変わる腹痛の病気の正体は遊走腎だった

このところずっと体調がよくない34歳女性 三か月前から 靴の販売店の

no image
脳転移でカルセドが効かなくなれば緩和医療

78歳の夫は半年前、小細胞肺癌と診断されました。 腫瘍は右下葉に一箇

no image
左胸が痛むは首のトゲが原因の頸椎狭心症だった

●症状1 肩こり、左のコリがひどくなってきた 肩こりから三週間

no image
癌が見えないとアリムタを中止したほうがいい?

60歳の夫は1年2ヶ月前、肺腺がんステージ1bの診断で胸腔鏡下で左中葉

→もっと見る

PAGE TOP ↑