強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

公開日: : 最終更新日:2014/07/14 整形外科

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭帯の接合部で炎症が起こるリウマチ性疾患。原因は不明で何らかの細菌感染が引き金となって免疫系に異常が起こると考えられている。
患者は男性が女性の3~5倍を占め、30歳前の若年期に発症。
患者の白血球型(HLA)はHLA-B27の陽性の人が9割に達する。

このタイプが必ず発症するわけでないが、B27陽性の人の割合は欧米白人では人工の1割前後に対し、日本では0.3%、国内有病率推計も0.03以下と低い。
海外と比べ患者数も少ないことからASに対する意思の認識不足は否めない。

強直性脊椎炎は診断まで長期、誤診も多い

患者の会「日本AS友の会」が4月、会員患者を対象に行った調査(回答者147人)では、ASと診断を受けるまでに受診した病院は平均4.7施設。
初発症状から診断まで罹患歴19年以下の患者で平均9.4年、同20年以上では平均10.3年かかっていた。
また、9割がAS診断前に、①腰痛症、ぎっくり腰、②座骨神経症、③椎間板ヘルニア、④関節炎など、別の疾患診断を受けた。
椎間板ヘルニアの手術を受けたり、リウマチとの診断で効果のない薬を服用したりした人もいた。

強直性脊椎炎(AS)の特徴

腰痛や背部痛があっても安静で悪化し、動くと楽になるのが普通の腰痛や背部痛と異なる。初発症状として肩や膝、足首などの関節炎もみられ、「後ろに反れない」「歩き方がペンギンみたいになる」も特徴。
炎症が慢性化すると、脊椎や仙腸関節、股関節などで靭帯の骨化が始まり、固まって動かなくなる。
こうした重症患者は10~20%という。
根治療法はなく、消炎鎮痛剤での対症療法、運動療法などで可動領域を守り、骨化を遅らせることが勧められる。

近年、生物学的製剤の一つ、TNFα阻害薬の適応疾患となり、若年者で機能障害が進行していない患者では約6割に効果が見られ、
3分の1では寛解(症状が落ち着いて安定した状態)するとの結果もある。

こんな症状があれば注意

10代で股関節や足の付け根の痛み、成長痛と診断されたり、20~30代の男性が激痛で寝込むため「怠け病」と言われた人もいる。
動くと楽になる腰痛が続くなら疑って欲しい。

関連記事

no image

五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

五十肩は中高年に多い。 特徴は突然痛む

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

no image

腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるク

記事を読む

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

大島麻衣は巻き爪。 バレー部のころ

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

no image

膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満な

記事を読む

no image
ジョガーズフットのICD10はない

ジョガーズフットのICD10はない 同義語 足神経炎 とかになるけ

透析前の準備セット
注射とHIF-PH阻害薬院外処方どっちが赤字?

人工腎臓でHIF-PH阻害薬を院外処方箋すると人工腎臓の金額が下が

no image
実際の現場対応。他の感染症と診断して新型コロナ疑いを消す

新型コロナウイルス疑いの実際の現場対応はこんな感じ。 保健所はま

動悸のナツメグ中毒 5g以上で危険
約8時間後に嘔吐、震え、幻覚症状、興奮、動悸のナツメグ中毒

ナツメグはニクズクの種子を乾燥させたもの。 一度に大量に摂取すると、

水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?
水を飲むだけでめまいが治る、原因は習慣か?

前回の記事に続き、めまいが簡単に治る方法です。 まっすぐ歩けない

→もっと見る

PAGE TOP ↑