外反母趾の角度はどれぐらいから?

気になる足の痛み、親指に異変!?
外反母趾は進行する病気です。
慶応義塾大学 整形外科 講師 須田康文

外反母趾は日々の進行予防が大切です。
女性に圧倒的に多いですが、1割男性も患者はいます。
変形を矯正するには最終的には手術しかありません。

中足骨と上の基節骨がまっすぐであれば、正常ですが、外反母趾は「くの字」になっているのが特徴です。
骨の出っ張りの正体は、中足骨の頭の部分です。

なぜ外反母趾になる?

もともと、中足骨が内側に向いている方や、関節の袋のたるみぐわい、体質的、女性であるというのもリスクの要因、ハイヒールで負担が掛かるため外反母趾になる方もいます。

どれぐらい曲がっていると外反母趾?

中足骨と基節骨の角度「外反母趾角」が、20度以上だったら外反母趾です。

・軽度外反母趾 20~30度 靴を履いた時に親指の付け根に腫れ痛み
・中度外反母趾 30~40度 第2趾のたこ・痛み
・重度外反母趾 40度 以上 脱臼 立つ歩くだけで痛む

痛みは個人差があるが、進行していきます。
進行すると、2個目の指の骨に負担がかかります。
親指と2番目の指の隙間が広がり、アーチが崩れる。
崩れた横のアーチは、下の2番目の足に負担がかかり、
体重が多くかかり、たこができてきます。これが中等度の外反母趾です。

重度になると、脱臼して、2番目の指の部分が靴に当たって痛い状態になり、
歩きづらい、立っているだけでも困難な状態になります。

外反母趾は痛くなったら病院に行くのではなく、進行するので注意が必要です。
痛みがあるだけでなく機能に問題です。歩きにくければ連動して色々なところも悪くなります。
整形外科を受診したほうがいいでしょう。