五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

公開日: : 最終更新日:2014/06/27 整形外科

五十肩は中高年に多い。
特徴は突然痛む、肩が動かしにくくなる。
もし五十肩になったらの対処方法をNHKの今日の健康。

五十肩とは?

肩関節の病気で、痛みと動きの制限を生み出してる病気のグループ。

  • 五十肩 肩関節周囲炎
  • 腱板断裂 レントゲンで診断が可能。
  • 石灰性腱炎 レントゲンで診断が可能。

五十肩は画像ではわかりにくい。
滑液包 鎖骨   これらの関節の滑液が炎症し、
上腕骨 肩甲骨  くっついたり、擦り傷で五十肩が発症する。
  関節包

関節鏡で見ると健康ならば関節の袋が白っぽい色をしているのが、五十肩になると赤い色をしている。
関節の中が擦り傷を起こした状態。
病院で五十肩、四十肩の外来リハビリ開始の方法

五十肩の経過、3つの段階と対処方法

  • 急性期 炎症が強く痛みが激しい 動きの制限が出始める
  • 慢性期 炎症が治まり痛みがなくなるが 動きの制限が大きくなる
  • 回復期 動きにくさがましになって肩の動きがよくなる

人によって経過の時間は異なる。

急性期五十肩の注意点

急性期の注意は炎症の痛みですので抑えるために安静が大事。
安静と固定とは違う。
右肩が痛いから力を入れて動かないようにする人もいるが、筋肉を固めてしまい、血流も止まり、炎症が回復するのを阻害する。
できるだけ肩から力を抜くのがいい。

ジャケットに腕を入れたり、ベルトの穴に指を入れたりして手をブランとさせる。
座っているときはクッションの上に腕を置くような感じ。
寝る時は抱き枕を体の前で抱きかかえる。
腕が前に行ったり後ろに行くのを防げる。安らかに眠れる。

慢性期五十肩の注意点

慢性期は、関節包の袋が縮んでいる分の動きがわるくなるのでゆっくり伸ばすのが大事。適切な運動が大事。
痛みが強いときはやらない。
前かがみ運動もよい。
全屈して腕をブランとする、力をいれず体を動かし腕を揺らす。
刺激を与えて関節袋を広げる。1日2~3分。
関節をじょじょに伸ばす。

回復期五十肩の注意点

積極的に動かす。
鏡を確認しながら痛みを出ない運動を。
鏡を見ながら何処まで動いているか見ながら運動すると効果的です。

関連記事

no image

首の骨のズレと椎間板と脊髄の圧迫を姿勢がよくなる枕で予防

東北中央病院 病院長 田中靖久 先生

記事を読む

no image

楽にする肩の痛み。原因が腱板断裂

肩が痛いとき、注意!腱板断裂。大阪大学 

記事を読む

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

鈴木奈々や佐野ひなこの背骨がうねって

記事を読む

膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

膝がぶよぶよ膨れるのは関節液が溜まっ

記事を読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

ボール体操

膝痛が治る筋肉体操とは?靴下スリスリ

膝痛が99%はこの方法で治るある簡単な運

記事を読む

あとは腰を回すだけです

ゴムバンドで腰を回すだけ!腰痛改善法

自宅で簡単!腰痛改善法を柔道整復師田島先

記事を読む

no image

腰痛は体操とストレッチで治る深い筋肉早稲田大学

早めに腰痛チェックで運動療法の最新情報。

記事を読む

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

→もっと見る

PAGE TOP ↑