五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

公開日: : 最終更新日:2014/06/27 整形外科

五十肩は中高年に多い。
特徴は突然痛む、肩が動かしにくくなる。
もし五十肩になったらの対処方法をNHKの今日の健康。

五十肩とは?

肩関節の病気で、痛みと動きの制限を生み出してる病気のグループ。

  • 五十肩 肩関節周囲炎
  • 腱板断裂 レントゲンで診断が可能。
  • 石灰性腱炎 レントゲンで診断が可能。

五十肩は画像ではわかりにくい。
滑液包 鎖骨   これらの関節の滑液が炎症し、
上腕骨 肩甲骨  くっついたり、擦り傷で五十肩が発症する。
  関節包

関節鏡で見ると健康ならば関節の袋が白っぽい色をしているのが、五十肩になると赤い色をしている。
関節の中が擦り傷を起こした状態。
病院で五十肩、四十肩の外来リハビリ開始の方法

五十肩の経過、3つの段階と対処方法

  • 急性期 炎症が強く痛みが激しい 動きの制限が出始める
  • 慢性期 炎症が治まり痛みがなくなるが 動きの制限が大きくなる
  • 回復期 動きにくさがましになって肩の動きがよくなる

人によって経過の時間は異なる。

急性期五十肩の注意点

急性期の注意は炎症の痛みですので抑えるために安静が大事。
安静と固定とは違う。
右肩が痛いから力を入れて動かないようにする人もいるが、筋肉を固めてしまい、血流も止まり、炎症が回復するのを阻害する。
できるだけ肩から力を抜くのがいい。

ジャケットに腕を入れたり、ベルトの穴に指を入れたりして手をブランとさせる。
座っているときはクッションの上に腕を置くような感じ。
寝る時は抱き枕を体の前で抱きかかえる。
腕が前に行ったり後ろに行くのを防げる。安らかに眠れる。

慢性期五十肩の注意点

慢性期は、関節包の袋が縮んでいる分の動きがわるくなるのでゆっくり伸ばすのが大事。適切な運動が大事。
痛みが強いときはやらない。
前かがみ運動もよい。
全屈して腕をブランとする、力をいれず体を動かし腕を揺らす。
刺激を与えて関節袋を広げる。1日2~3分。
関節をじょじょに伸ばす。

回復期五十肩の注意点

積極的に動かす。
鏡を確認しながら痛みを出ない運動を。
鏡を見ながら何処まで動いているか見ながら運動すると効果的です。

関連記事

no image

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

no image

腰痛は体操とストレッチで治る深い筋肉早稲田大学

早めに腰痛チェックで運動療法の最新情報。

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

no image

腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるク

記事を読む

膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

膝がぶよぶよ膨れるのは関節液が溜まっ

記事を読む

no image

関節リウマチの治療、手術の説明

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上

肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!

記事を読む

骨盤の角度と腰痛の関係

股関節が硬いと骨盤を曲げるので腰痛になる

腰痛2800万人、腰痛の原因は8割が原因

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑