背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

公開日: : 整形外科

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?
鈴木奈々や佐野ひなこの背骨がうねっている。
機能性側わん症、通称へび背といわれる状態。
背骨が左右に曲がることで背中の筋肉が緊張し、腰痛や肩こりを引き起こす。
神経を触ってしびれが出たり歩けなくなったりする。

へび背の原因の行動

  • ハイヒールで歩く
  • いつも同じ側でバッグを持つ
  • 足を組む
  • お姉さんすわり、女座りをする
  • 肘をついて横になる

背骨に与える影響

佐野ひなこは、ハイヒールが大好きで中学生の頃から10cmのをはく。
ずっと右の肩にバッグをかける。
1日7時間ゲームする。ゲームを優先するらしい。

へび背の解消!猫ストレッチ

腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる

  • 4つんばいになり、手と足を肩幅に開く。
  • 息をすいながらゆっくり背中を曲げる。
  • 時間をかけて3回繰り返す。
  • 腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる。

背骨の周りの筋肉のゆがみが取れて矯正される。
猫ストレッチは3かいずつが1セット。朝晩2回でゆがんだ背骨を仮称しよう。

関連記事

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

17秒 起立後血圧回復時間
学校に行けない高校二年生で親友に彼女を取られたは甲状腺機能亢進症による周期性四肢麻痺

学校に行けない高校二年生で彼女がいる。 学校は楽しそうで素直に育って

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

→もっと見る

PAGE TOP ↑