背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

公開日: : 整形外科

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?
鈴木奈々や佐野ひなこの背骨がうねっている。
機能性側わん症、通称へび背といわれる状態。
背骨が左右に曲がることで背中の筋肉が緊張し、腰痛や肩こりを引き起こす。
神経を触ってしびれが出たり歩けなくなったりする。

へび背の原因の行動

  • ハイヒールで歩く
  • いつも同じ側でバッグを持つ
  • 足を組む
  • お姉さんすわり、女座りをする
  • 肘をついて横になる

背骨に与える影響

佐野ひなこは、ハイヒールが大好きで中学生の頃から10cmのをはく。
ずっと右の肩にバッグをかける。
1日7時間ゲームする。ゲームを優先するらしい。

へび背の解消!猫ストレッチ

腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる

  • 4つんばいになり、手と足を肩幅に開く。
  • 息をすいながらゆっくり背中を曲げる。
  • 時間をかけて3回繰り返す。
  • 腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる。

背骨の周りの筋肉のゆがみが取れて矯正される。
猫ストレッチは3かいずつが1セット。朝晩2回でゆがんだ背骨を仮称しよう。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑