背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?

公開日: : 整形外科

背中の筋肉が緊張するへび背の原因とは?
鈴木奈々や佐野ひなこの背骨がうねっている。
機能性側わん症、通称へび背といわれる状態。
背骨が左右に曲がることで背中の筋肉が緊張し、腰痛や肩こりを引き起こす。
神経を触ってしびれが出たり歩けなくなったりする。

へび背の原因の行動

  • ハイヒールで歩く
  • いつも同じ側でバッグを持つ
  • 足を組む
  • お姉さんすわり、女座りをする
  • 肘をついて横になる

背骨に与える影響

佐野ひなこは、ハイヒールが大好きで中学生の頃から10cmのをはく。
ずっと右の肩にバッグをかける。
1日7時間ゲームする。ゲームを優先するらしい。

へび背の解消!猫ストレッチ

腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる

  • 4つんばいになり、手と足を肩幅に開く。
  • 息をすいながらゆっくり背中を曲げる。
  • 時間をかけて3回繰り返す。
  • 腰を左右にゆっくりまげる、背骨を左右に湾曲させる。

背骨の周りの筋肉のゆがみが取れて矯正される。
猫ストレッチは3かいずつが1セット。朝晩2回でゆがんだ背骨を仮称しよう。

関連記事

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑