膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

公開日: : 整形外科

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる
膝がぶよぶよ膨れるのは関節液が溜まっているからです。
それにはいろいろ理由がありますのでご説明します。
膝の蓋が骨折した時もなります。

膝の負担

歩行時 体重の2.6倍
階段の上り3,2倍
階段の下り3.5倍

負担を減らすためのクッション

関節軟骨、半月版、じん帯

膝のレントゲン

膝のレントゲン 軽度中度重度
膝への衝撃が吸収される。
クッションのひとつ、軟骨があるかをチェック。
軟骨は画像には写りません。
骨と骨の間の隙間。ここに軟骨がある。

  • 軽度になるとわずかに関節の隙間が狭くなる。
  • 中度になると、関節の隙間がはっきり狭くなり、一部分骨にとげが。骨棘(こつきょく)という。
  • 重度になると、骨と骨がぶつかっている。

なめらかに関節が動かなくなり炎症を起こし痛み。

膝の腫れの正体は関節液

膝がぶよぶよ膨れるのには、膝の中に溜まっている液があるからです。
関節液は関節の栄養だけでなく潤滑油の働きもある。
骨と骨がぶつかり合うと、関節液がたくさん作られすぎて膝が腫れてしまう。

関節液を調べるのも変形性膝関節症の診断に大事。
膝が腫れるのは、関節リウマチ、細菌感染症でも腫れる。

変形性膝関節症になりやすい人

  • 家族に同じ病気。必ずしも遺伝というわけではないが、生活スタイル環境
  • 高齢者 膝の筋肉 歩く時膝にかかる衝撃を吸収 加齢で筋肉が痩せるとなる
  • 肥満体型 体重による膝への負担、脂肪細胞
  • O脚 膝の内側に体重の負荷がかかるから
  • 膝の外傷、骨折経験者
  • 女性 女性ホルモン低下 骨軟骨筋肉が弱くなるから
  • 膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に

    膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に
    内臓脂肪は内蔵だけではない。
    膝を横から見るとお皿の下に関節の中にも脂肪がある。
    膝の下の脂肪が悪さをする。
    最近の研究でアディポカインという物質が炎症を起こすことがわかった。
    お腹の脂肪細胞から分泌されて血液の流れに乗って膝の中。
    膝の下から分泌されて関節に作用して炎症が起きて関節軟骨が壊れやすい状態になる。
    肥満は変形膝関節症になりやすい。

    関連記事

    あとは腰を回すだけです

    ゴムバンドで腰を回すだけ!腰痛改善法

    自宅で簡単!腰痛改善法を柔道整復師田島先

    記事を読む

    座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

    総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

    腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

    記事を読む

    no image

    肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

    五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十

    記事を読む

    no image

    腰痛が治るAKA博田法、東京都豊島区の望クリニック

    万年腰痛の父にも勧めたい腰痛がよくなるク

    記事を読む

    no image

    腰痛の原因を知る方法、整形外科と内科、どっち?

    寒い時期に増える腰痛は患者数2800万人

    記事を読む

    no image

    楽にする肩の痛み。原因が腱板断裂

    肩が痛いとき、注意!腱板断裂。大阪大学 

    記事を読む

    no image

    外反母趾の角度はどれぐらいから?

    気になる足の痛み、親指に異変!? 外反

    記事を読む

    no image

    関節リウマチだけの検査の値段は5000円ぐらい

    免疫の異常で全身の関節に腫れや痛みが生じ

    記事を読む

    no image

    AKA博田法が受けられる病院リスト

    平成26年4月12日現在の、日本AKA医

    記事を読む

    脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

    脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

    本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

    記事を読む

    no image
    初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

    初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

    no image
    福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

    更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

    左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
    出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

    保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

    唾液の効果を発揮するためには時間が必要
    虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

    虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

    キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
    キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

    キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

    →もっと見る

    PAGE TOP ↑