膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 整形外科

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満などが原因で起こる病気だ。
膝にかかる衝撃を吸収する軟骨が長期間使われることで磨り減り、骨が変形をきたす。
O脚や怪我などが原因で起こることもある。
患者は約1000万人で潜在的な患者は約3000万人と推定されている。
男女比は1対4で女性に多く見られるのが特徴だ。

膝痛は立ち上がるときや歩き始めの痛みから始まる

最初は立ち上がるときや歩き始めるときなど動作のし始めに痛みが出る。
進行すると、安静時にも痛むようになり、膝を伸ばしたり曲げたりする動作が難しくなる。
骨と骨がぶつかり合い、激しい痛みを感じるようになる。
関節内に水がたまり、腫れることもある。

症状が軽ければ必要に応じて薬物療法や膝関節を支える筋肉を鍛える運動療法、サポーターなどを遣って体重のかかる場所を変えて膝への負担を軽くする装具療法が行われる。
(装具採寸はこれにあたる)

他にも、スベニール、アダントディスポの関節腔内注射などの治療法もある。

膝痛の手術の種類と内容

症状が悪化すると外科手術が選択肢になる。
50代前後で行われることが多いのが「骨切り術」だ。
O脚で内側の関節に負担がかかっている場合、骨の一部を切除。
または延長して膝の内側への負担を減らす。
高齢で症状が悪い場合には金属やポリエチレンでできた人工膝関節を入れる手術が考えられる。

人工膝手術の入院期間

人工膝関節手術でほとんどの人は痛みが取れる。
再置き換え手術はリスクも高く難しいが、65歳以上なら再置き換えの可能性も低く、検討する価値がある。
参考:人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

膝関節すべてを置き換えする場合と、部分的に置き換えする場合があるが、いずれも退院までは3週間~1ヶ月ほど。
手術後痛みがすぐ取れるのがメリット。
激しいスポーツ以外は何をやっても大丈夫。

膝が痛くて歩けなくなるとどんどん筋力が落ちてきてさらに膝に負担がかかり、痛みが強くなるという悪循環になる。
人工関節の手術は正座ができない、感染などのデメリットもある。
肥満なら減量し、適度な運動で筋力もつけ、自分の関節を大事にして欲しい。

関連記事

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

no image

肩の痛みの原因の病気、五十肩、けん板断裂、石灰けん炎

肩が痛いとき五十肩でしょ、痛いけどしょう

記事を読む

no image

ふわふわするめまいと肩こり、トイレが近いは頚椎椎間板ヘルニア性脊髄症

45歳、子育てひと段落、バスガイドに復職

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

no image

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医

記事を読む

no image

腕の外側が動かす痛む五十肩けん板断裂穴が開く

肩が痛い、穴が開くについて東邦大学整形外

記事を読む

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑