膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満などが原因で起こる病気だ。
膝にかかる衝撃を吸収する軟骨が長期間使われることで磨り減り、骨が変形をきたす。
O脚や怪我などが原因で起こることもある。
患者は約1000万人で潜在的な患者は約3000万人と推定されている。
男女比は1対4で女性に多く見られるのが特徴だ。

膝痛は立ち上がるときや歩き始めの痛みから始まる

最初は立ち上がるときや歩き始めるときなど動作のし始めに痛みが出る。
進行すると、安静時にも痛むようになり、膝を伸ばしたり曲げたりする動作が難しくなる。
骨と骨がぶつかり合い、激しい痛みを感じるようになる。
関節内に水がたまり、腫れることもある。

症状が軽ければ必要に応じて薬物療法や膝関節を支える筋肉を鍛える運動療法、サポーターなどを遣って体重のかかる場所を変えて膝への負担を軽くする装具療法が行われる。
(装具採寸はこれにあたる)

他にも、スベニール、アダントディスポの関節腔内注射などの治療法もある。

膝痛の手術の種類と内容

症状が悪化すると外科手術が選択肢になる。
50代前後で行われることが多いのが「骨切り術」だ。
O脚で内側の関節に負担がかかっている場合、骨の一部を切除。
または延長して膝の内側への負担を減らす。
高齢で症状が悪い場合には金属やポリエチレンでできた人工膝関節を入れる手術が考えられる。

人工膝手術の入院期間

人工膝関節手術でほとんどの人は痛みが取れる。
再置き換え手術はリスクも高く難しいが、65歳以上なら再置き換えの可能性も低く、検討する価値がある。
参考:人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

膝関節すべてを置き換えする場合と、部分的に置き換えする場合があるが、いずれも退院までは3週間~1ヶ月ほど。
手術後痛みがすぐ取れるのがメリット。
激しいスポーツ以外は何をやっても大丈夫。

膝が痛くて歩けなくなるとどんどん筋力が落ちてきてさらに膝に負担がかかり、痛みが強くなるという悪循環になる。
人工関節の手術は正座ができない、感染などのデメリットもある。
肥満なら減量し、適度な運動で筋力もつけ、自分の関節を大事にして欲しい。