膝痛の手術の種類と内容、人工膝手術の入院期間

公開日: : 最終更新日:2014/10/29 整形外科

女性に多い変形性膝関節症は、加齢や肥満などが原因で起こる病気だ。
膝にかかる衝撃を吸収する軟骨が長期間使われることで磨り減り、骨が変形をきたす。
O脚や怪我などが原因で起こることもある。
患者は約1000万人で潜在的な患者は約3000万人と推定されている。
男女比は1対4で女性に多く見られるのが特徴だ。

膝痛は立ち上がるときや歩き始めの痛みから始まる

最初は立ち上がるときや歩き始めるときなど動作のし始めに痛みが出る。
進行すると、安静時にも痛むようになり、膝を伸ばしたり曲げたりする動作が難しくなる。
骨と骨がぶつかり合い、激しい痛みを感じるようになる。
関節内に水がたまり、腫れることもある。

症状が軽ければ必要に応じて薬物療法や膝関節を支える筋肉を鍛える運動療法、サポーターなどを遣って体重のかかる場所を変えて膝への負担を軽くする装具療法が行われる。
(装具採寸はこれにあたる)

他にも、スベニール、アダントディスポの関節腔内注射などの治療法もある。

膝痛の手術の種類と内容

症状が悪化すると外科手術が選択肢になる。
50代前後で行われることが多いのが「骨切り術」だ。
O脚で内側の関節に負担がかかっている場合、骨の一部を切除。
または延長して膝の内側への負担を減らす。
高齢で症状が悪い場合には金属やポリエチレンでできた人工膝関節を入れる手術が考えられる。

人工膝手術の入院期間

人工膝関節手術でほとんどの人は痛みが取れる。
再置き換え手術はリスクも高く難しいが、65歳以上なら再置き換えの可能性も低く、検討する価値がある。
参考:人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

膝関節すべてを置き換えする場合と、部分的に置き換えする場合があるが、いずれも退院までは3週間~1ヶ月ほど。
手術後痛みがすぐ取れるのがメリット。
激しいスポーツ以外は何をやっても大丈夫。

膝が痛くて歩けなくなるとどんどん筋力が落ちてきてさらに膝に負担がかかり、痛みが強くなるという悪循環になる。
人工関節の手術は正座ができない、感染などのデメリットもある。
肥満なら減量し、適度な運動で筋力もつけ、自分の関節を大事にして欲しい。

関連記事

no image

椎間板ヘルニア セカンドオピニオン 神経障害性疼痛の疑い

長引く謎の手や足のしびれ。 44歳女性

記事を読む

no image

骨盤の傾き腰痛下腹猫背筋肉鍛えるトレーニングと座り方

年で下腹が出たり姿勢が悪くなった。 骨

記事を読む

no image

肩こりハの字タイプ肩甲骨の下の部分が開く

五十肩、四十肩などの病気が原因。 五十

記事を読む

no image

関節リウマチと変形性関節症の違いと見分け方

関節リウマチの8割が女性。 関節リウマ

記事を読む

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

納豆カレー、納豆に滑らかさとコク

納豆の作りかた。関節痛との関係

関節痛にいい食材が納豆な理由 関節

記事を読む

no image

こつそそうしょうの病気が進行すると歩けなくなる

進行する歩けなくなる病気は骨粗鬆症。

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑