人工関節の手術と糖尿病の関係と3大合併症

公開日: : 最終更新日:2014/08/29 整形外科

人工関節の重要な合併症と糖尿病の関係

どんな手術でも合併症の危険はあるが、人工関節手術でも細心が必要。
特に重要な3大合併症は、以下の三つ。

  1. 脚の静脈にできた血栓(血の塊)が移動して肺動脈を詰まらせる肺塞栓
  2. 感染症
  3. 脱臼

合併症は予防が重要だが、一定の確率で起こるのも事実。

肺塞栓

肺に血栓で思い肺塞栓を起こすと命を落とす危険性もある。
肺の血管が詰まると呼吸困難や胸痛が起こる怖い状態になります。
変形性膝関節症の人工関節を受けた男性は血栓ができるのを防止するために手術後はしっかり足首を曲げたり伸ばしたりしてくださいと指導される。
また、足全体を圧迫して血流を促進するストッキングをはき続ける必要がある。

人口関節の手術後、足が張れてくるのは深部静脈血栓症、肺塞栓の原因のひとつです

手術後にひどく下肢が張れてくるのは深部静脈血栓症です。
高血圧、糖尿病、高脂血症などの生活習慣病を持つ方は起こりやすいです。
これが起きないように、下肢には弾性ストッキングという、ちょっときつめのストッキングで圧迫します。
足をよく動かして、血流をよくする必要があります。
肺塞栓は、この足の深部静脈の血栓が肺に飛んで起こる病気があるからです。

感染症

人工関節は異物のため、血流がなく細菌を攻撃する免疫力がない。
感染して間もなければ人工関節の周りを洗浄して抗菌薬で治せるが、
1か月以上もたつと細菌が人工関節の周囲に膜を張り、抗菌薬を寄せ付けなくする。
こうなると人工関節を取り外し、数か月から半年かけて殺菌し、入れなおすしか治療法はない。
もともと糖尿病や関節リウマチの人も術後感染しやすいといいます。

脱臼

人工関節では脱臼もあり得る。
脱臼も1回なら装具で固定するなどしてよくなることも多い。
繰り返す場合、人工関節の角度調整のため入れ替えが必要になることもある。
患者も手術直後は脱臼を防止するため、しゃがんだり強くひねる動作は禁物。
トイレやふろの入り方、性行為の姿勢まで図や写真入りの資料で指導を繰り返す。

関連記事

no image

骨盤の傾き腰痛下腹猫背筋肉鍛えるトレーニングと座り方

年で下腹が出たり姿勢が悪くなった。 骨

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

指の変形性関節症と関節リウマチの違い

しびれ指の変形性関節症と関節リウマチの違い

手指の痛みとしびれ 手の骨は27個の骨

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?

脊柱側わん症の発症年齢は9歳?手術の時間は?

本来真っ直ぐな背骨が曲がる病気。 思春

記事を読む

no image

頚椎椎間板ヘルニアの1週間入院の手術 内視鏡

59歳男性は2年前もともと抱えていた頚椎

記事を読む

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ヨーロッパの成分がアボカドの変形性膝関節症の薬はピアスクレディン300

ビートたけしの家庭の医学、冬に増える不調

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑