腕の外側が動かす痛む五十肩けん板断裂穴が開く

公開日: : 整形外科

肩が痛い、穴が開くについて東邦大学整形外科の池上先生。
肩けん板断裂、けん板に穴が開くのは、五十型の症状に似ている。けん板は4つある
インナーマッスル、ちょうわんこつについている けんばん、ないせん内側に持ってきたり、がいせん外側に、肩甲骨の上。きょくじょうきんけん きょく上筋腱。
肩を強打で完全に切れる場合もある。
使い古した靴下に穴が開くような感じで。

肩けん板断裂の主な原因

肩の使いすぎ、重い荷物を持つ仕事など、外傷、加齢
傾向としては、男女ともに起きる
利き腕の肩にやや多く出る
60歳代から多くなり年齢とともに発生頻度が増える
80歳代で3割がなっている。

けん板に穴があいていても痛くなく普通の人もいる。
完全に穴が開くとふさがることがない。逆に年々大きくなる。

肩けん板断裂の症状、五十肩と似ている

腕の外側が痛む
腕を動かすと痛む
重いものを持ち上げられない
痛みで夜も眠れない

五十肩は腕が上げれない上がらない。
けん板断裂は、自分で上がらないが肩を持ち上げてやると動く。
触診、視診、理学的所見、穴があるとさわると凹む、みため筋肉が痩せてしまっていたり、動かす時痛い範囲。
最近ではMRI画像診断で行う。
白く写る 切れたところに関節液がはいっている。

肩けん板断裂の治療の流れ

薬物療法 消炎鎮痛剤 飲み薬 張り薬 注射 ステロイド ヒアルロン酸
薬物療法と運動療法で7~8割痛みが改善します。 
痛みが強い場合手術になる場合もある。

治療するしないの判断

けん板断裂は半年1年に一回、場所、大きさ、進み具合を確認する。
痛んだけん板に付加がかかって穴が大きくなったりしないようにストレッチ運動を行う。
残っているけん板の筋力を増強する運動です。

運動を行って痛みが増える場合は間違っている可能性がある。医師の指導で行いましょう。

肩ストレッチ運動

けん板はあちこちぶつかって痛みがある。ストレッチで関節包を十分のばす。
手を後ろに組む。痛くない腕で痛い腕を下に引っ張る。

ゴムバンド運動

ひじ90度 短めにもつ 痛い腕を外側に引っ張る。
手首を真っ直ぐ 引っ張る 5秒ぐらい頑張って戻。す
肩甲骨の後ろについている筋肉を鍛える。
体の後ろから電車ごっこのように痛いほうの腕を内側、肩甲骨の前側の筋肉を鍛える。

痛いほうの足でゴムバンドの端を踏む。ななめ前方45度にひぱっていく。
上腕骨骨頭についている、きょくじょうきんを鍛える。

運動療法薬注射で治らないなら手術を検討する

肩が痛い、動きが悪い、日常生活に支障がある。
従来のように肩を開いて繋ぐ方法と関節鏡でする方法がある。

アンカー上腕骨骨頭に打ち込む。けん板を結んで縫う。
断裂して短縮したけん板を上腕骨骨頭に縫い付ける(4本~5本)
縫ったばっかり糸で縫うだけなので、大きさ年齢、具合の強度も違う。
生物学的に骨頭につくまで、6ヶ月ぐらい経過をみないといけない。
自分で肩をあげたりするとまた切れるかもしれないから。

関連記事

no image

五十肩の病名と注意、安静と固定とは違う

五十肩は中高年に多い。 特徴は突然痛む

記事を読む

no image

骨粗しょう症と腰の骨折で背が縮む姿勢も曲がる

腰痛の原因の分布。 椎間板ヘルニア、2

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

ボール体操

膝痛が治る筋肉体操とは?靴下スリスリ

膝痛が99%はこの方法で治るある簡単な運

記事を読む

足指でタオルをひきよせる足指芋虫体操

足裏アーチの乱れが引き起こす病気

けつまづくことが多くなったのはなぜ?

記事を読む

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる

総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLu

記事を読む

dlpfc状態そらしで恐怖を取る

DLPFCのストレスや恐怖体験が腰痛を慢性化させる原因だった

慢性腰痛が2週間で改善の可能性がある。

記事を読む

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

細胞シートで軟骨を再生する手術もある

変形性膝関節症には未来に再生医療がある。

記事を読む

no image

関節リウマチの治療、手術の説明

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑