肩甲骨が悪いと関係がある頭痛、耳鳴り、目の疲れ

公開日: : 最終更新日:2015/05/23 整形外科

肩甲骨が動くようになる体操をしましょう!
肩甲骨が悪いと関係があるものは、頭痛、耳鳴り、目の疲れ、腕のしびれ、体のたるみ

肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上
肩甲骨に繋がっている筋肉は30以上。
関節ではなく筋肉で支えられているので動きやすい。

前屈みになることが多い生活

前のめりになると肩甲骨は前に引っ張られてゆがみ、そのまま固まってしまう。
血行不良になり痛み、五十肩の原因になる。

肩甲骨ほぐす体操

ペットボトルを脇の下に挟む。
まずは前からはさんだほうの腕を引っ張る(10秒~30秒)
次に後ろに手を回して引っ張る(10秒~30秒)
胸を張って背筋を伸ばして行う。

肩関節がペットボトルを軸に引っ張られる。
1回3セット程を毎日継続することが大切です。

手が背中でつなげない場合

手が背中でつなげない場合
手が届かない方は、ハンカチやタオルでつかんで軽く引っ張る。
3秒ほどで軽く引っ張る。
肩甲骨が動くようになれば、肩甲骨が原因の
頭痛、耳鳴り、目の疲れ、腕のしびれ、体のたるみも楽になるかもしれませんね。

関連記事

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

人工股関節手術後の脱臼が大幅に減少した病院

股関節や膝の関節の痛みは加齢などが原因で

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

no image

かかとの足底痛、足底腱膜炎、原因、ストレッチ方法について

気になる足の痛み、足底腱膜炎の説明です。

記事を読む

no image

AKA博田法が受けられる病院リスト

平成26年4月12日現在の、日本AKA医

記事を読む

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

バレー部の巻き爪は第一関節のIP外反母趾

大島麻衣は巻き爪。 バレー部のころ

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

no image

腰痛で腹部大動脈瘤、高血圧、無呼吸症候群

腰痛で意外な大病になった65歳男性は慢性

記事を読む

no image

関節リウマチの治療、手術の説明

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕

記事を読む

no image

関節リウマチの飲み薬、結核、がん、副作用

関節リウマチは炎症を起こすサイトカインと

記事を読む

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

no image
職業病、手や指に力が入らなくなった

外来患者月3500人~4000人、入院250名ぐらいを一人で病名入力し

no image
救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

救急車を呼んだ家族に病院に事前連絡させて受け入れ先を確保させる

no image
食事料70才以下で限度額エは1食460円、説明してほしいよね

入院担当じゃないとすぐど忘れしますが、 食事料の1食の金額

舌咽神経と迷走神経がどこを走っているか
喉に詰まらせ窒息・意識消失 骨が溶ける悪性外耳道炎 糖尿病 透析患者

ご飯の前、糖尿病でインスリン注射を自分のお腹に打っている にゅう麺(

爪の健康を保つためにはまず保湿です
2枚爪の原因は除光液の使い過ぎはヒルドイドで防げる

爪は三層構造になっています。 表面から、背爪(トッププレート)、

→もっと見る

PAGE TOP ↑