こつそそうしょうの病気が進行すると歩けなくなる

公開日: : 最終更新日:2014/01/28 整形外科

進行する歩けなくなる病気は骨粗鬆症。
推定患者1300万人の身近で危険な病気です。
気づかずに進行する歩けなくなる病気です。

50代女性の経験談。
転倒したら寝たきりと言われショック。
健康診断で、体重と身長を測った時に前より身長が縮んでいた。
身長が低くなったことに気づかなかった。
精密検査で恐ろしい背骨の圧迫骨折が見つかった。
自覚症状がなかった。

こつそそうしょうの原因

身長が4cm縮んだ原因はこつそっそうしょう(骨粗鬆症)でした。
背骨が骨折しても気が付かない病気。

加齢やカルシウム不足で強度が低下し骨折しやすくなる。
男性より女性が3倍多い。
60代女性の3割、70代女性の5割がわずらっている。

閉経後のホルモンバランスの変化で、こつそそうしょうが増加。
一番危険なのがふとももの付け根。
骨折すると立てなくなる。手術しても本来に戻らない。
約5割が要介護状態になることで、寝たきり、痴呆症が始まることも珍しくない。

骨密度70%以下でこつそそうしょうと診断される。
たった一度転んだだけで 人生が変わってしまうこともある。

なぜ50代でこつそそうしょうになったの?

その原因は持病の30歳の時に関節リウマチが発症したから。
免疫が自分自身を攻撃する病気で、骨の新陳代謝が狂い、骨粗鬆症を引き起こす。
リウマチの薬の副作用で進行することも。
薬と納豆やヨーグルトを毎日食べている。
ほおっておいた理由は全く症状がなかったから。

骨の新陳代謝とは、古くなった骨を壊す新しい骨をつくること。
古くなった骨は体内に吸収、中高年になると骨を壊す働きが強くなり、新しい骨をつくるのが追いつかなくなり、こつそそうしょうになる。
以下の要因が加わると骨折しやすい。
タバコ、お酒、生活習慣病、糖尿病で骨がもろくなる。
若い方でも関節リウマチの病気がある場合、引き起こしやすい。
(動脈硬化 偏食 喫煙 多量の飲酒 関節リウマチ 動脈硬化)

なりやすい意外なタイプ

痩せているとリスクが高い。
骨は負荷がかかると強くなります。
痩せていると体重が軽いため負荷が軽いです。
痩せている人は一定の負荷を与えるのが大切です。

運動すればいい。
骨は運動などである程度負荷をかけると強くなる。
1日30分程度のウォーキングで丈夫な骨が作られます。

●以前に比べ食欲がなくなった
●背が縮んだように感じる

こつそそうしょうによる圧迫骨折で腸や食道の居場所が窮屈になり、
むねやけ(胸焼け)、ほうまんかん(膨満感)で食欲が落ちる。
栄養はたんぱく質、鉄、ビタミンK、ビタミンDを取りましょう。
日中に30分のウォーキングで紫外線を浴びれば、一日のビタミンDは皮膚から生成されます。

関連記事

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

no image

肩こり睡眠不足、深い筋肉を超短波治療でほぐす

睡眠時間が肩こりに関係します 睡眠

記事を読む

no image

肩こりおじぎタイプ肩甲骨が前に傾く

肩ではなく、腰の部分の影響が多い。 一

記事を読む

no image

楽にする肩の痛み。原因が腱板断裂

肩が痛いとき、注意!腱板断裂。大阪大学 

記事を読む

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

捻挫の治療法。重症は靭帯断裂

爆発しそうな危険な足首を見分ける方法は靴

記事を読む

no image

強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭

記事を読む

no image

名医 椎間板ヘルニアの手術、1時間の1泊2日 整形外科 出沢先生

腰痛治療の名医 患者300人待ち椎間板 

記事を読む

no image

肩こり扉タイプ肩甲骨が外側に開く

肩こりチェック1 両手と両肘を合わせて

記事を読む

no image

隠れ偏平足・後脛骨筋の筋力を筋トレで止めれるのか?

後脛骨筋の筋力が低下しはじめると、靴の紐

記事を読む

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

スベニールのジェネリックはアダントディスポ。関節腔内注射。人工関節

人工関節は加齢や病気で痛んだ関節の代わり

記事を読む

no image
冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管のがなかなか再生しないと永遠にふ

no image
臭くないニンニクの芽は日持ちする野菜、アリシン摂取できる

テレビではあまり紹介されませんが、非常におすすめな野菜があります。それ

no image
初診料は医科と事故で算定できる?事故一括と健保一括とは?

事故(他保険)と医科は初診料を算定するのが一般的。 初診料には、

no image
眼科・歯科・耳鼻科は死ぬ確率が低いから救急がない

眼科・歯科・耳鼻科は救急病院、いわば二次救急がほとんどないのが現状です

no image
γーGTPが高いで胃がんと大動脈周囲リンパ節転移

79歳母は脳梗塞で入院中、肝機能検査でγーGTPが100から550に上

→もっと見る

PAGE TOP ↑