総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

公開日: : 整形外科

長時間座って歩き出した時痛みが来る腰痛。
腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural Lipomatosis、LELとなるでしょうか。

長時間座って歩き出した時痛みが来る腰痛。
脊柱管狭窄は座っていると痛みが出ない人が多い。
頑張って50m、10mしか歩けない。
腰部脊柱管狭窄症の特徴の症状として間欠跛行はあるが10mしか歩けないのは短すぎる。

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の痛みの違い

BMI25、総コレステロールが高い。
コレステロールを下げる薬を飲んでいる。
(通常はもっと肥満の高度肥満で起こるみたい)

長時間座っておきた直後の痛み
若いころより体重10キロ増加
コレステロールが高い

謎の腰痛の原因は腰椎硬膜外脂肪腫症

硬膜外脂肪腫症は硬膜外の脊柱管に脂肪が溜まり神経を圧迫、強い痛みを引き起こす病気。
MRIで発見しにくい硬膜外脂肪腫症は硬膜外の脊柱管に脂肪が溜まり神経を圧迫、強い痛みを引き起こす病気。
通常のMRIでは見分けにくい。
座っていても痛みがあるのが特徴。
脊柱管狭窄症は神経圧迫が和らぐため座っていると痛くない。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる。
脂肪は手術で取り除ける。

関連記事

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑