総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

公開日: : 整形外科

長時間座って歩き出した時痛みが来る腰痛。
腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural Lipomatosis、LELとなるでしょうか。

長時間座って歩き出した時痛みが来る腰痛。
脊柱管狭窄は座っていると痛みが出ない人が多い。
頑張って50m、10mしか歩けない。
腰部脊柱管狭窄症の特徴の症状として間欠跛行はあるが10mしか歩けないのは短すぎる。

腰椎椎間板ヘルニアと腰部脊柱管狭窄症の痛みの違い

BMI25、総コレステロールが高い。
コレステロールを下げる薬を飲んでいる。
(通常はもっと肥満の高度肥満で起こるみたい)

長時間座っておきた直後の痛み
若いころより体重10キロ増加
コレステロールが高い

謎の腰痛の原因は腰椎硬膜外脂肪腫症

硬膜外脂肪腫症は硬膜外の脊柱管に脂肪が溜まり神経を圧迫、強い痛みを引き起こす病気。
MRIで発見しにくい硬膜外脂肪腫症は硬膜外の脊柱管に脂肪が溜まり神経を圧迫、強い痛みを引き起こす病気。
通常のMRIでは見分けにくい。
座っていても痛みがあるのが特徴。
脊柱管狭窄症は神経圧迫が和らぐため座っていると痛くない。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる。
脂肪は手術で取り除ける。

関連記事

no image

椎間板ヘルニア セカンドオピニオン 神経障害性疼痛の疑い

長引く謎の手や足のしびれ。 44歳女性

記事を読む

納豆カレー、納豆に滑らかさとコク

納豆の作りかた。関節痛との関係

関節痛にいい食材が納豆な理由 関節

記事を読む

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

手の荒れと腰痛で寝たきりの病気はSAPHO症候群

日本人4人に1人が腰痛で、8割以上の腰痛

記事を読む

no image

強直性脊椎炎-ASの特徴。誤診、病名間違いは9割

ASは脊椎や骨盤にある仙腸関節など骨と靭

記事を読む

no image

関節リウマチの治療、手術の説明

関節リウマチは、外敵から体を守る免疫の仕

記事を読む

no image

小指 薬指しびれ頚椎症 手首 肘が原因

手に出る大病のサインで病気がわかる。

記事を読む

膝の痛みの原因は炎症

間違った靴の履き方で変形性膝関節症になる

足の筋力低下に繋がる原因は、それは間違っ

記事を読む

no image

首と背中、股関節が固まり靴下がはけない病気を知ってる?

強直性脊椎炎-ASの重症患者である51歳

記事を読む

no image

手根幹症候群は腱膜が腫れる→正中神経を圧迫でしびれ痛み

手と指の痛みとしびれは手根幹症候群。

記事を読む

膝にも脂肪がある。アディポカインが関節炎の原因に

膝の下の脂肪で関節液が溜まる理由になる

膝がぶよぶよ膨れるのは関節液が溜まっ

記事を読む

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

no image
喀血と血痰と吐血の違いは量と色

血痰は2ml以下のものを言う 喀血とは気道または肺から血液が喀出

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

→もっと見る

PAGE TOP ↑